ニュース
» 2018年06月08日 21時30分 公開

“シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」 (1/2)

実在のテレビ番組で紹介された、と記載するなど悪質な手口。

[Kikka,ねとらぼ]

 海賊版サイト「漫画村」の広告配信に関与していた広告代理店・A社グループが、「塗るだけでシミが剥がれるシミ消しクリーム」(仮称)という商品で、ウソの効能をうたった広告ページを制作していたことが分かりました。


シミが剥がれるクリーム 「シミが剥がれるクリーム」(仮称)の広告ページを再現したもの(編集部作成)

 問題の広告を作成したのは、「漫画村」「Anitube」「MioMio」などの海賊版サイトとアドネットワークを介して取引があったとされる広告代理店A社。当初は漫画村との関わりを否定していたものの、その後代理人の弁護士から連絡があり、「会社を守るために反射的に拒絶反応を示し、否定してしまった」と関与を認めました(関連記事)。

 編集部ではA社グループと海賊版サイトとの関わりについて調べると同時に、親会社のA社が主力事業の一つとしている化粧品、精力剤などの広告案件に注目。関係者への取材を進めたところ、衝撃的な偽装広告の手口が明らかとなりました。

驚くべき偽装広告作成の手口

 通常、広告バナーを押すと各商品の紹介ページ(通称:訴求)に飛ぶようになっていますが、A社グループでは「紹介ページ」も案件によっては作成していました。このように広告代理店が商品ページを作成すること自体は珍しいことではありませんが、A社の場合「全く関係のない人の画像をFacebookなどで探して合成している」「ビフォーアフターの比較対象が別人ということもザラ」など、各関係者から制作手法に問題があると指摘されていました(関連記事)。

 中でもA社グループと深い付き合いのあるH社が販売を手掛ける「塗るだけでシミが剥がれるシミ消しクリーム」については、かなり強引な広告演出が展開されていたとのこと。関係者に詳しい事情を聞きました。

――「塗るだけでシミが剥がれるシミ消しクリーム」の広告に問題があると聞きました。

情報提供者当該商品に関しては、まずA社グループの女性社員の身体にドライフルーツの皮を貼り付けて撮影し、その後、乾燥したドライフルーツの皮をベリベリ剥がすことで、シミが剥がれる様子を演じていたようです。つまり、シミのない女性にドライフルーツの皮を貼り付けることであたかもシミがあるかのように演出し、その後ドライフルーツの皮が剥がれる様子を「シミが剥がれた」と言い切ってしまうということです。


シミが剥がれるクリーム 当該商品の名前で検索するとこのような広告が散見されるが……(編集部で再現)

――それっていわゆるヤラセというか、詐欺ですよね。

情報提供者そうですね。そもそもシミが剥がれ落ちるなんてことはありえない訳ですから。広告を見た人の中にはだまされて購入してしまった人もいるようで、ネット上には「効果がない」という声も上がっていました。

――中には実在のテレビ番組で紹介されたと書いている広告ページもありますよね。

情報提供者効果のない商品がテレビで紹介されるわけがないですし、全部ウソです。たまに商品がテレビで紹介されたような画像を載せているサイトもありますが、ほとんどが画像加工ソフトで適当に作ったウソ画像だそうです。


シミが剥がれるクリーム 広告に載っていたテレビキャプチャー風画像を編集部で再現。右下には実在する番組の名前が書かれていた(編集部作成)

――H社の評判をネットで検索すると、「商品が届かない」「商品が届いたのは注文から数カ月後」「だまされた」などのレビューが見つかりました。どうしてA社グループはH社と付き合いがあるのでしょうか。

情報提供者詳しい事情は差し控えますが、A社グループにとってH社はお得意様です。H社との付き合いをやめるのはA社グループにとって大きな打撃ではないでしょうか。




       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.