ニュース
» 2018年06月06日 08時00分 公開

特別展「昆虫」に新種の昆虫が登場 あなたの名前が昆虫の名前に採用されるかも

昆虫好きは上野に集合。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 国立科学博物館(東京・上野)で7月13日〜10月8日に開催される特別展「昆虫」で、新種の昆虫が展示されることが明らかになりました。

特別展 昆虫 特別展「昆虫」 マダガスカルで発見された新種(未記載種)(C)三田敏治

 特別展「昆虫」は、昆虫の体の仕組み・能力・生態などを昆虫標本やCG、体感型の展示などで紹介する催し。会場には全長約2メートルの巨大模型が置かれ、数万点に及ぶ標本が並びます。

 同展の企画チームは九州大学・三田敏治助教の調査に同行し、インド洋マダガスカルで、セイボウ(青蜂)の未記載種(まだ発表されていない種。今後論文発表を経て、新種として認定される)の採集に成功。会場に展示するとともに、来場者1人の名前を昆虫の名前(学名)として採用します。

 ネーミングセレモニーには、同展のオフィシャルサポーターで昆活マイスターの俳優・香川照之さんも出席。応募の詳細は同展の公式サイトから確認できます。

特別展 昆虫特別展 昆虫 昆活マイスターで音声ガイドも担当する香川照之さん

 この他にも「ヤンバルテナガコガネ」のホロタイプ標本(その種の基準となる標本で1つの種につき世界に1点しか存在しない)や、琥珀に閉じ込められた「絶滅目の昆虫」などの貴重な姿を展示。

 体長数ミリの小さな昆虫を特殊カメラでのぞき見るコーナーや、正しい昆虫採集テクニックを学ぶコーナーなども用意されています。

特別展 昆虫 ヤンバルテナガコガネのホロタイプ標本 (C)国立科学博物館
特別展 昆虫 琥珀に閉じ込められた絶滅目の昆虫
特別展 昆虫 プラチナコガネ (C)丸山宗利
特別展 昆虫 クヌギシギゾウムシ (C)小桧山賢二
特別展 昆虫 CTスキャン画像 協力:島津製作所
特別展 昆虫 ARアプリで昆虫に変身できちゃう企画もあります
特別展 昆虫 夏休みの自由研究にもよさそう

特別展「昆虫」

会場:国立科学博物館(東京都台東区上野公園7-20)

会期:7月13日〜10月8日(休館日:7月17日、9月3日、9月10日、9月18日、9月25日)

時間:9時〜17時(金曜、土曜日は20時まで)※入場は各閉館時刻の30分前まで

※8月12日〜16日、19日は18時まで ※開館時間や休館日については変更する可能性があります

入場料:一般・大学生1400円(当日券は1600円)/小・中・高校生500円(当日券は600円)

※金曜・土曜限定ペア得ナイト券2000円(17時以降2人同時入場限定、男女問わず、当日会場販売のみ)

※未就学児は無料 ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1人は無料


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう