ニュース
» 2018年06月06日 07時30分 公開

「延々ケーキのイチゴを選別」「狭い足場でドーナツ揚げ」 大変な苦労が忍ばれるパン工場バイトの体験漫画

ご苦労様です!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 パン工場でアルバイトをした体験をつづる漫画が、Twitterで注目を集めています。内容はケーキ用のイチゴを選別したり、パッケージにシールを貼ったり、延々と続く作業ばかり。絵柄こそコミカルですが、工場勤務の大変さがひしひしと伝わってきます。


 レポート漫画やイラストを描いて活動している、えるたま(@L_tama)さんの体験談。漫画はバイトの受付へ急ぐシーンから始まります。何をそんなにあわてているのかというと、唯一マイペースに作業できる製品配分部門の枠が、早くしないと埋まってしまうから。このときは遅れたため、洋菓子部門へまわされました。ここからが大変。


1-1 間に合いさえすれば、パンを注文通りに“ばんじゅう”(主に食品業界で用いられる、フタのない箱)へ仕分ける、比較的楽な作業に就けたのですが……

 そして振られたのは、イチゴを100個ずつまとめる作業。形の良し悪しで仕分けつつ、延々と束にしていきます。苦手な作業をがんばっていると、社員から「途中でいいからこっち来て」と指示が。途中でいいのか。


1-2 想像するとつらい

 今度はベルトコンベアを流れてくるケーキに、飾りのチョコプレートを挿す作業。あまりの単純さに、脳内でラップ調の童謡を流して気をまぎらわせます。それでもなかなか時は進まず、終了しても経過時間はたったの45分。流れ作業あるあるだあ……。


1-3

1-4 終わったら終わったで、今度は延々ロールケーキの箱にシールを貼る作業。単調すぎて妄想がはかどる

 第2弾は、ドーナツ部門にまわされた日のエピソード。煮えたぎる油の前に立ち、長い棒でドーナツを裏返すことになりました。足場が非常に狭く、一歩踏み外せば自分が……ヒイッ。


2-1 もう少し安心して作業できるようにならないものか

 かと思えば、次はパッケージ済みの製品を軽く押し、包装に穴がないかチェックする作業へ。あまりにも楽すぎて、さっきの作業と時給は同じなのかと考え込むえるたまさんでした。


2-2 管理する側も、危険な作業ばかり続かないようバランスをとっているのかも

 その後も、和菓子部門を担当したときの第3弾、パン部門担当時の第4弾と、苦労の伝わるエピソードが続々。その一方で、「夜勤明けに無料支給のパンで朝食」という、ちょっとした幸せをつづる話もあります。

 ツイートには、同じ苦労を知る経験者から共感の声が多数。みなさんご苦労様です!


3-1 かしわもちの機械にトラブル発生

3-2 「夜勤なので幻が見えてくる」……めっちゃわかる

3-3 ついに幻が危険な誘いを

3-4 それでも夜勤明けの開放感は格別

4-1 これはしんどい

4-2 単純作業中、つい歌が出ちゃうあるある

4-3 食費が浮いて助かる部分も

画像提供:えるたま(@L_tama)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう