ニュース
» 2018年06月06日 12時30分 公開

福岡市、隠しキーワード付きゴミ分別検索機能を発表 彼氏→捨てるかどうかもう一度考えてみて

使いたくなるアイデア。

[ねとらぼ]

 福岡市は6月5日、「福岡市LINE公式アカウント(@fukuokacity)」に家庭ごみの分別方法を検索できる機能を追加しました。

福岡市、公式LINEアカウントにゴミ分別検索機能を追加 2600のキーワードに対応 利用イメージ

 LINEのメッセージ機能を活用したもので、捨てたいごみの名称を入力すると「アイロン→燃えるごみです」「ゲーム機→小型家電です 区役所やスーパー等に設置している回収ボックスへ」といった詳しい説明が表示され、参考になるサイトのリンクも案内してくれる仕組み。

 600品目、2600キーワードに応答するようになっており、同アカウントをアプリ上で友達に追加することで誰でも利用可能です。

福岡市、公式LINEアカウントにゴミ分別検索機能を追加 2600のキーワードに対応 「スマホ」の場合
福岡市、公式LINEアカウントにゴミ分別検索機能を追加 2600のキーワードに対応 「パソコン」の場合
福岡市、公式LINEアカウントにゴミ分別検索機能を追加 2600のキーワードに対応 「ペットボトル」についても細かく教えてくれます

 隠しキーワードも設定されていて、「ほこり→埃なら燃えるごみ 誇りなら捨てないで」「彼氏→捨てるかどうかもう一度考えてみてください」といった楽しい回答も用意されています。隠しキーワードを探すのに、ついいろいろな言葉を試してみたくなりそうです。

福岡市、公式LINEアカウントにゴミ分別検索機能を追加 2600のキーワードに対応 ユーモアのある回答

 福岡市は2016年10月に政令指定都市として初めてLINEとの連携協定締結を発表。2017年4月に公式LINEアカウントを開設し、緊急情報やPM2.5予測情報といった「防災」情報、ごみの収集日を知らせる「ごみの日」通知機能などを提供していました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう