ニュース
» 2018年06月07日 20時00分 公開

近所に出没する落ち武者と女子高生のやり取りにほんわかする漫画 「かわいいかよ……」と癒される人続出

会ってみたいな。落ち武者さんに。

[林美由紀,ねとらぼ]

 近所に出没する落ち武者の幽霊と女子高生を描いた漫画「近所の落ち武者の話」に、多くの人が癒されています。

 作者はまるかわ(@marukawa81)さん。雑誌『ウィングス』で七十二候(季節)をテーマにした日常妖怪漫画『よろずの候』を連載中です。

 「近所の落ち武者の話」に登場するのは、ある町の「30」と書かれた道路標識付近に出没する落ち武者の三十郎と女子高生ヒロちゃん。ヒロちゃんが学校帰りに標識の近くを通ると三十郎がドロンと現れ「どうしたの? お散歩?」とほほえみかけます。ヒロちゃんは日本史の授業について聞きたいことがあり、「三十郎落ち武者だし、武士のこと詳しいよね?」と尋ねるのですが……。


三十郎1 いつもの標識の下を通ると三十郎が出てきた

 暗い顔で「やめよう、そういう話」と三十郎。ヒロちゃんはつらいことを思い出させてしまったかと、申し訳ない気持ちに。


三十郎2 ヒロちゃん、悪いこと聞いてしまったかも

 そして三十郎が続けた言葉は「ヒロちゃん、今の日本のこと説明できる? 偉い人の名前全員言える? 最近の事件全部思い出せる?」。分からないというヒロちゃんに「落ち武者だって同じ! なんにもわかりません! そんなことより猫さん見よ!」とニコニコする三十郎なのでした。


三十郎3 三十郎さん、やさしい! かわいい!

 ヒロちゃんが悪いこと聞いちゃったかなと思ったのをくみ取ったかのような三十郎のフォロー。最後に「猫さん、見よ!」と満面の笑顔で話す姿は優しさの塊! ほのぼのしたやさしい世界、そして、三十郎の時代を超えたかわいらしさに癒される漫画なのでした。

画像提供:まるかわ(@marukawa81)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう