ニュース
» 2018年06月07日 14時26分 公開

マツダ「ロードスター」を刷新 「より楽しい・心地よい」エンジン特性に大幅改良、特別仕様車も (1/2)

特に「RF」が大幅刷新、歴代初の「テレスコピック機能」も新設。

[ねとらぼ]

 マツダは6月7日、オープンスポーツカー「ロードスター」「ロードスターRF」の改良版と特別仕様車「Caramel Top」を発表。同日から予約受注を開始、2018年7月26日に発売します。価格はソフトトップベースグレードの「S(6MT)」で255万4200円(税込、以下同)から、RFのベースグレード「S(6MT)」で336万9600円から。

ロードスター ロードスターRF Caramel Top マツダ マイナーチェンジ マツダ・ロードスター「Caramel Top」(ソウルレッドクリスタルメタリック)

 4代目ロードスターとして2度目(関連記事)となる今回の改良では、新技術で大幅に改良されたガソリンエンジンと、歴代ロードスターで初となる「テレスコピックステアリング機能」の採用などで、「人間の感覚にあった楽しさ」をこれまで以上に高めました。また運転をサポートする安全技術「i-ACTIVSENSE」の装備の多くを標準化して「安全、安心」の性能も進化。国が推進する安全運転サポート車の基準「サポカーS・ワイド」にも対応します。

 電動ハードトップ仕様のロードスターRFは、搭載する2リッターエンジン「SKYACTIV-G 2.0」を大刷新。エンジンのトルク特性を大幅に見直し、より「高回転型」のエンジンになりました。全回転域でのトルク向上とともに、高回転域での出力性能を従来モデルから15%以上高め(184馬力/7000回転)、最高回転数も6800rpmから7500rpmに引き上げられています。また、エンジンの高性能化に合わせてエンジンサウンドも「より心地よい」音色にチューニングし、「駆動系からのノイズを排除した上で、サイレンサー内部構造を全て見直して低回転から高回転までリニアで伸び感のある力強い音色を造り込み、加速フィールの心地よさを高めた」としています。

ロードスター ロードスターRF Caramel Top マツダ マイナーチェンジ エンジンが大きく改良されたロードスターRF
ロードスター ロードスターRF Caramel Top マツダ マイナーチェンジ 改良された2リッターエンジン「SKYACTIV-G 2.0」
ロードスター ロードスターRF Caramel Top マツダ マイナーチェンジ ロードスターRFの主な仕様

 1.5リッターエンジン「SKYACTIV-G 1.5」を搭載するソフトトップモデルも、SKYACTIV-G 2.0で採用した燃焼改善技術を取り入れて全回転域のトルクを現行同等以上に高めながら、燃費性能を向上させています。また、新色のブラウンの幌とスポーツタンの内装を組み合わせた特別仕様車「Caramel Top」を追加します。

ロードスター ロードスターRF Caramel Top マツダ マイナーチェンジ ロードスター Caramel Top(ソウルレッドクリスタルメタリック)

 Caramel Topは、S Leather Packageをベースにブラウンカラーの幌、スポーツタンカラーのインテリア、ツートンボディーに映えるボディーと同色のドアミラー、高輝度塗装の16インチアルミホイールを装着します。価格は6MT仕様で309万4200円から、AT仕様で320万7600円から。2018年12月24日までの限定販売となります。

ロードスター ロードスターRF Caramel Top マツダ マイナーチェンジ Caramel Topの内装
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.