ニュース
» 2018年06月07日 20時55分 公開

ミス・アメリカが水着審査を廃止へ ネットでは「すばらしくポジティブな変化」「伝統を壊している」と賛否

「もともとは奨学金を得るための大会」と話す2018年ミス・アメリカ。

[城川まちね,ねとらぼ]

 ミス・アメリカの運営団体は6月5日(現地時間)、水着審査を廃止することを公式サイトやSNSで発表しました。

ミス・アメリカ 水着審査廃止 肉体的な要素で判断しないとのこと(画像はミス・アメリカ運営団体のInstagramから)

 運営団体による公式発表の動画は、水着が消え「Miss America 2.0」の文字が現れる仕様。さらに「水着から着替え、全く新しい時代へ」のコメントとともに「#byebyebikini(バイバイビキニ)」のハッシュタグが添えられています。


 その後Instagramへ投稿されたもう1つの動画で、2018年のミス・アメリカであるカーラ・マントは「私は優勝して誇らしかったけど、視聴者は私がなぜ選ばれたかを本当には知らなかっただろうなと思っていたんです。だって彼らは私のことを知らなかったから」と、優勝したのは自身が参加する「Make-A-Wish財団」での活動内容が理由だと思いたいと語り、「水着審査はコンペティションの中で、全く私のお気に入りの部分というわけじゃない。伝統の一部だし、やらなければいけないと分かっていました。でも今は、“やる必要ない”と言えるんです」と多くの女性たちがためらいなく参加できるようになったことをアピールしました。

ミス・アメリカ カーラ・マント 2018年優勝 2018年優勝のカーラ・マント(画像はミス・アメリカ運営団体のInstagramから)

 また、動画の中でマントは「これは奨学金の運営団体。奨学金を得るために水着を着る必要なんてないんです」とも語っています。1921年から始まったミス・アメリカは米国籍を有する17歳から24歳の独身女性に参加資格があり、優勝者に5万ドル、2位に2万5000ドル、3位に2万ドル、また各入賞者にも奨学金を与えるコンペティション。奨学金を得て高等教育を受ける目的で参加する女性も多く、水着審査が廃止されれば学業を続けるために立候補する女性が増えるのではないかと予想されます。

ミス・アメリカ 水着審査廃止 美しいだけでは優勝できない(画像はカーラ・マントのInstagramから)

 しかしミス・アメリカ運営団体が水着審査廃止を発表したInstagram投稿には、「ミス・アメリカにとってすばらしくポジティブな変化だと思う」「男性は奨学金を得るためにビキニを着なくていいんだから、女性だって着るべきじゃない」と今回の決断を支持する声も幾つか見られるものの、「視聴率にバイバイって言いなよ」「俺が番組を見るたった1つの理由は水着だったって認めなきゃな」「フェミニズムはがんだ」「アメリカは伝統を壊している。水着審査は1921年からずっとコンテストの一部だったんだ」と変化に反対する多くの声があふれています。

 また、水着審査とともにイブニングガウン審査の廃止も発表されており、「どうしてイヴニングガウン審査まで?」「イヴニングガウンは残して!」というコメントも見られました。

 ミス・アメリカ運営団体は2017年に幹部らが過去のミス・アメリカの体形や性生活に関する侮辱的なメールのやりとりをしていたことが明らかとなり責任者3人が辞任。その後1989年の優勝者であるグレッチェン・カールソンが理事長に就任しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう