ニュース
» 2018年06月10日 20時00分 公開

感謝が届きますように つらかったときに助けてくれたお姉さんにお礼を伝える漫画 感動が止まらない

お姉さんに感謝の気持ちが届くといいですね。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 つらい思いをしていた時期に声をかけてくれたお姉さんへの感謝を描いた漫画が、Twitterで20万件を超えるいいねを集めるなど反響を呼んでいます

 漫画「お礼言えないままになってるお姉さんの話」は、Twitterとpixivにイラストや漫画を投稿しているたえいぬ(@taeinu)さんが小さいころに経験したお話を画いたもの。

 たえいぬさんがまだ小学生になったばかりのころ、双子のお兄さんが毎朝登校のときに暴力をふるってきていたので、泣きながら学校へ行っていました。そんなときに突然「大丈夫?」と見知らぬお姉さんが声をかけてくれました。

たえいぬ 感謝 実話 つらい登校時間だったことでしょう……

 たえいぬさんが泣きじゃくりながら事情を話すと、学校への道を途中まで一緒に行ってくれました。それ以降お姉さんに会うと、たえいぬさんが学校でがんばったことや褒められたことなどを聞いてもらえるように。そのせいか、つらくてズル休みしがちだったのが治りました。しかし、時が経ってお姉さんの制服が変わると会う回数は減ってしまいました。

たえいぬ 感謝 実話 気持ちが楽になるようにあえてうれしかったことを話すようにしてくれたのかもしれません

 たえいぬさんが小学校を卒業する間近のこと、久しぶりに会ったお姉さんはスーツ姿でした。別人のようなお姉さんに緊張してしまったため、そのときの会話をあまり覚えていないそうです。それでも「くじけちゃだめよ。たえちゃんにはこれからいっぱい楽しいことが待ってるからね」と励ましてくれたことだけは今でも覚えているとたえいぬさん。その日以降、お姉さんに会うことはほぼなくなってしまいました。

たえいぬ 感謝 実話 小学校に入ったころから卒業間近のころまで、約6年間ずっと気にかけてくれたんですね……

 この出来事はずいぶん前のことなので、たえいぬさんはお姉さんに会うことはもうないだろうと思っています。直接伝えられない代わりに、「私、本当に、救われてたよ。ありがとう、お姉さん」と、漫画の最後でお礼を伝えています。

たえいぬ 感謝 実話 せめて気持ちだけでも届くと良いですね!

 漫画を読んだ人からは「感動した」「ステキなおはなし」「お姉さんに届くと良い」など、たえいぬさんを応援する声が。また「いじめられかけてた頃に助けてくれた友人を思い出した」と、つらい状況を助けてくれた人を思い出した人からのリプライも届いています。中には「探偵!ナイトスクープ」に依頼してみたら、という提案もありますが、たえいぬさんは「せめて気持ちだけでも残しておこうとTwitterにあげた」とのことで、特にテレビ番組などに依頼するつもりはないようです。

 この漫画はたえいぬさんの体調が悪かったときに、死ぬときに慌てるよりも元気なうちに感謝しようと思ったことがきっかけで描いたそうです。いつかお姉さんに感謝の気持ちが届くと良いですね!

画像提供:たえいぬ(@taeinu)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう