ニュース
» 2018年06月11日 07時30分 公開

今も思い出して「怖っ」 子どもの頃の思い出漫画に「足が痛くなってきた気がする」「ヒエッ……」と恐怖する声

街には意外と危険(尖ったもの)が潜んでるんだよね。

[林美由紀,ねとらぼ]

 子どものころの体験は大人になっても強く染みついていたり、トラウマになってしまうこともありますよね。

 週刊少年サンデーにて『サイケまたしても』シリーズ連載中の漫画家・福地翼(@fukuchi_tsubasa)さんがTwitterで公開したそんな子どものころの体験漫画に、読者から同じような体験をしたという報告などが寄せられています。

 福地さんは街中で時々見かける「ある物」を見ると、いつも少年時代を思い出すといいます。それは、福地さんが小学生のころの話。学校が終わり、友達と帰宅している途中、「とってー」という子どもの声が。声の下草むらに近寄ってみると、草むらの奥の坂に、男の子が頭を置いて寝そべっていました。


痛い思い出1 学校帰りに草むらの方から「とってー」という声

 帽子が落ちていたので、最初は帽子をとってと言っているのかと思ったそうですが、その子は「あしーっ」と一言。その子の太ももを見ると直径1センチほどの血豆のようなものがポチッとひとつ。皮膚の内側にあるので取れそうもないな……と思った次の瞬間、事態を把握したという福地さん。


痛い思い出2 見ると、男の子の足に直径1センチの血豆のようなものがひとつ

 なんと、地面から突き出た鉄筋が、その子の足に突き刺さり、うす皮1枚で貫通すんでのところだったのです! 福地さんと友達は近くの大人を呼び、無事、その子は救出されたといいます。なぜ、あんなところにむき出しの鉄筋があったのかはいまだにわからず、今も街中でむき出しの鉄筋を見ると、そのことを思い出し、そして思うのだそうです。「怖……」と。


痛い思い出3 足に鉄筋が!!

 この「痛い」体験談に、読者からは自身の痛い体験が寄せられています。また「なんか足が痛くなってきた気がする……」「ヒエッ……」という恐ろしい気分になった人や、街中で危なそうな鋭いものを見掛けるというリプライも見られます。小学生のころの福地さんの冷静さに感動したというリプには、ご自身が「子どもだったからでしょうね」と答えています。

 確かに、見回すと意外ととがっていたり危ないものってあふれていますよね。想像するだけでも震えてしまうような事故はいつでも起こりうるので、街でも草むらでも気をつけねばなりませんね。

画像提供:福地翼@サイケ12巻6/18発売(@fukuchi_tsubasa)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう