ニュース
» 2018年06月11日 19時30分 公開

ぼく、ずっと待ってますから…… 出勤前のごあいさつを忘れられたネコ、ドアの前でけなげに待つ

忠犬ならぬ忠ネコちゃんの背中。

[ウグイラン,ねとらぼ]

 大好きな飼い主さんに日課のごあいさつをすっぽかされて待ち続けているネコちゃんがTwitterで話題を呼んでいます。



 ドアの前で待っているネコちゃんの日課は、出勤前の飼い主さんにいってきますの「もみくちゃ」をしてもらうこと。そもそもは飼い主さんから始めた日課だったのですが、ネコちゃんの方もこのもみくちゃタイムのことを覚えていたようなのです。


もみくちゃ待ちの猫 玄関ドアの前にたたずむ

 出勤時間が早まった飼い主のTomozawa(@tomozawa_mamoru)さんは、この日はネコちゃんをもみくちゃせずにそのまま家を出てしまいました。すると、お母さまから報告のLINEが。ネコちゃん、飼い主さんが出がけにもみくちゃしていかなかったせいかドアの前でずっと待ってるんだって!? そんな……かわいい!


もみくちゃ待ちの猫 さっきの写真はもみくちゃしてもらえなくて待ちぼうけのネコちゃんだったのだ!

もみくちゃ待ちの猫もみくちゃ待ちの猫 もみくちゃなしでお外行っちゃった……寂しそうな背中!

 飼い主さん側からの一方的なあいさつだったつもりが、ネコちゃんの方も楽しみに思ってくれてたんですね。Tomozawaさんもネコちゃんのけなげな待ち姿に爆泣! 帰って忘れずもみくちゃしてあげたそうで、ご満悦のネコちゃんが公開されています。



 TomozawaさんのTwitterには、ネコちゃんが飼い主さん宅に来る2016年2月ころの写真や1歳のお誕生日のことなど要所要所の思い出がしっかり記録されており、ネコちゃんへの思いがあふれています。朝のもみくちゃごあいさつ、今後はより大切な日課となりそうですね。






画像提供:株式会社Tomozawa(@tomozawa_mamoru)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう