ニュース
» 2018年06月11日 20時45分 公開

“裁縫あるある”ツイートに共感の声多数 結び玉や糸通し器がスポッと抜けて「じゃあの」

イーッとなるトラブルも含めて、裁縫は楽しい(?)

[沓澤真二,ねとらぼ]

 玉留めに失敗したり、なかなか針に糸を通せなかったり……裁縫でありがちなトラブルをまとめたツイートが共感を呼んでいます。あるあるすぎて泣けてくる。



 投稿主のヤマタカエ(@yamatakae)さんは、「お裁縫の楽しさを表現しました」と言いつつ、イラッとするトラブルを図で紹介しています。まずは「謎のコブ」で糸が止まって縫い続けられなくなるケース。ああ、縫っているうちに糸がからまって、布に引っかかるやつだ……。


謎のコブ リカバリーが大変でやる気なくなるやつ(画像提供:ヤマタカエさん)

 糸の終端を玉結びにして、布から抜けないようにするのは縫い物の基本。しかし、ツイートで紹介しているように、結び玉が小さくて縫っているうちに抜けてしまうケースもあります。結び玉が「じゃあの」と、竹原慎二口調で別れを告げるのがせつない。また、縫い終わりに作った玉留めが布の遠くにできてしまい、用をなさなくなるのもあるあるですね。


結び玉 「じゃあの」じゃないよ帰ってきてーっ(画像提供:ヤマタカエさん)

玉留め 糸が余っちゃうやつ(画像提供:ヤマタカエさん)

 そもそも針に糸を通すときにも、ワナのようなトラブルは待ち受けています。針の穴は小さくてよく見えず、普通の糸でも苦労するところですが、複数の糸が寄り集まった刺しゅう糸だと難易度マックス。1本だけ穴を通ったりして、徒労感でストレスがマッハになります。では糸通し器を使えばうまくいくかというと、糸が通る前に金具が根本から抜けていってしまうことも……だから「じゃあの」しないで、行かないでーっ!


針穴 みんなで行こう。お前だけが通っても何にもならないんだ(画像提供:ヤマタカエさん)

針穴 つまりこういうことです(編集部撮影)

糸通し器 せめて役目を果たしてから壊れてくれ……(画像提供:ヤマタカエさん)


 ツイートには「全部やったことある」「自分だけじゃなかった」と、共感の声が多数。「縫っているうちに糸が針から抜ける」「縫い終わるころにギリギリ糸が足りなくなる」「本来縫わないはずの布を巻き込む」など、別パターンの事例も寄せられています。

 投稿主は最後に「裁縫たのしい!!」とひと言。物作りは「楽しいけどつらい」とも「トラブル込みで楽しい」ともとれる、複雑な感情をのぞかせています。


全体 裁縫たのしい!!(?)(画像提供:ヤマタカエさん)

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう