ニュース
» 2018年06月12日 17時00分 公開

ニコニコ生放送で海賊版サイト対策に関する討論会を実施 ドワンゴとJAIPAが共催

インターネットの在り方を問うほどの騒動となった海賊版サイト問題について、専門家たちが討論します。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ドワンゴとJAIPA(一般社団法人日本インターネットプロバイダー協会)が、ニコニコ生放送で海賊版サイト対策に関する討論会を6月22日19時から実施すると発表しました。番組名は、「激論 どうなる、海賊版サイト対策のこれから」



 政府は「漫画村」をはじめとする海賊版サイトの横行に対し、新制度の次期国会での法制化と、それまでの間、特に悪質な海賊版3サイトに対してプロバイダーの行うブロッキングが緊急避難の要件を満たす場合には、違法性が阻却されるとの見解を示しました。そして今、この方針に対して、ネット関連団体、法律家、コンテンツホルダー等の間で、賛否が大きく分かれています。

 また、プロバイダー最大手であるNTTグループは、当該3サイトに対しての、自主的な規制の実施を表明。これに対し、ブロッキングは契約に反し、電気通信事業法が禁じる「通信の秘密」を侵害するものと顧客が訴訟を起こす事態に発展しています。



 これらの状況を受け、同会ではコンテンツ事業者や法律家、ネット関連団体代表者らによる今後の法制化にどう向き合うかについて討論を実施。ニコニコ生放送で中継します。

出演者(敬称略)

  • 進行:堀潤(ジャーナリスト、市民ニュースサイト「8bitNews」代表)
  • 石田慶樹(NGN IPoE協議会 会長)
  • 川上量生(カドカワ株式会社代表取締役社長)
  • 立石聡明(一般社団法人日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)副会長)
  • 中川譲(一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)幹事)
  • 村瀬拓男(弁護士)
  • 森亮二(弁護士)

※当初の発表内容に誤りがあったため出演者情報を一部修正しました(6月14日11時30分)



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう