ニュース
» 2018年06月13日 12時12分 公開

超ちっちゃい! イタリア生まれのEVミニカー「BIRO」の公式ストアが東京にオープン (1/2)

クルマ1台分のスペースに4台も停められちゃう。【写真100枚】

[agar,ねとらぼ]

 電動パーソナルモビリティ「BIRO」を販売する専門店「BIRO STORE TOKYO」が、2018年6月26日に東京・八丁堀に開店します。

外装の色をカスタマイズできます 超小型のEVミニカー「BRIO」

 BIROは、イタリアのエストリマが開発した小型の電動自動車。サイズは1740(全長)×1030(幅)ミリ。小さくかわいい車体で、個人のちょっとした街乗りに特化した仕様が特長です。長さも幅も一般的な乗用車の半分ほどなので、乗用車1台分のスペースに最大で4台のBIROを停められるといいます。

 動力源はモーターとバッテリー。最大速度は時速45キロ、坂道などで一時的に20%出力を高めるブーストモードも備えます。取り外しのできるリチウムイオンバッテリーを搭載し、家庭用のAC100V電源で充電ができます。2人分の座席を備えますが、日本の法規上、普通自動車免許で運転できる原付ミニカーとしての登録となるために乗員は1人となります。

photo 街乗り用途に特化したコンパクトな車体が特長
BIRO バッテリーを着脱でき、家庭用電源で充電が可能

 鋼管フレームとABS樹脂を組み合わせたボディーは、ボンネットとフレームの色を、基本カラー3色とオプションカラー99色の計102色から選んで注文できます。また、カード型のキーレスエントリーシステム、USB電源端子、Bluetoothスピーカーといった装備もあります。

 価格はドアなしタイプで158万円から、ドア付きタイプで183万円から(いずれも税別)。月額9万8000円から月単位でレンタル利用ができる「BIROマンスリーレンタルバリュープラン」も用意します。

BIROマンスリーレンタルバリュープラン BIROマンスリーレンタルバリュープラン

 「BIRO STORE TOKYO」の開店を記念して、6月26日にはオープニングパーティーを開催します。当日は、エストリマの創業者であるマッテオ・マエストリ氏がイタリアから来日し、3車種の新型車を公開する予定です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.