ニュース
» 2018年06月13日 21時35分 公開

まとめサイト「保守速報」から広告バナーが完全消滅 広告主に問い合わせる“広告剥がし”の動きが加速か

「ヘイトの温床」として以前から問題視されていたサイトでした。

[ねとらぼ]

 まとめサイト「保守速報」に掲載されていた広告が、6月13日までに全て撤去されていたことが分かりました。少なくとも編集部が確認した6月12日夜の時点では、PC用サイト、スマートフォン用サイトともに広告は全て非表示になっていました。


保守速報 現在の「保守速報」トップページ

保守速報 ピンク色の部分がこれまで広告が表示されていた箇所(加工は編集部によるもの)

 保守速報は主に政治ネタや韓国・中国などの東アジア関連ネタを扱う2ちゃんねる(5ちゃんねる)まとめサイトの1つ。これまでサイト上部や左カラムなどに複数の広告を設置していましたが、現在は全て撤去されいずれも空欄に。広告の撤去について今のところサイト側からの告知はなく、自主的な撤去なのか、あるいは広告配信側が取り下げたのか、今後復活するのかなどについては不明です。

【※6月14日追記:一部表現を修正しました】

 広告撤去に至ったきっかけは恐らく、エプソン販売が6月5日、ユーザーからの問い合わせを受けて保守速報への広告出稿を停止したこと(参考:保守速報への広告掲載をやめたエプソン 「嫌韓、嫌中の温床」との通報がきっかけに)。これが引き金となって、ネットユーザーによる“広告剥がし(広告主への通報)”が加速し、他の企業にも出稿停止の動きが波及したものとみられています。また、保守速報側も一時、広告バナーをアダルト系に差し替えるなどして対応していましたが、現在はこれも表示されなくなり、全ての広告が完全に消滅した形となっています。


保守速報 これまで表示されていた広告(archive.isより)

 同サイトを巡っては以前から、過激なヘイトスピーチやデマの拡散などを問題視する声が多く、一部では「ヘイトの温床」との批判も。また2014年にはフリーライターの李信恵さんが、人種差別発言により名誉を傷つけられたとして同サイト管理人を提訴しており、管理人に対し200万円の賠償を命じる判決が下されています。


保守速報 サイト左上に残っている「NO!残紙キャンペーン」のバナーについては、キャンペーン管理者に問い合わせたところ、「あれは広告ではなく、キャンペーンに賛同したサイトであれば自由に貼れるものです」とのこと。キャンペーン側としては、保守速報への掲載については関知していないとの回答でした

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう