ニュース
» 2018年06月14日 15時28分 公開

東京ディズニーシーが拡張へ 「アナ雪」「ラプンツェル」「ピーター・パン」の世界を再現した3つのエリア

2022年の開業を目指す。

[ねとらぼ]

 オリエンタルランドは14日、東京ディズニーシーを拡張し、ディズニーホテルを有する新テーマポートを開発する基本計画について、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー(ディズニー社)と合意したことを発表しました。


ディズニー 新テーマポートの全景

 新たに開発する8番目のテーマポートは「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」がテーマ。「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」の世界を、新たに開発する4つのアトラクションなどで再現した3つのエリアと、最上級ランクの部屋を有するディズニーホテルで構成されます。


ディズニー 「アナと雪の女王」エリア

ディズニー 「塔の上のラプンツェル」エリア

ディズニー 「ピーター・パン」エリア

ディズニー ディズニーホテル

 この「東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト」では、既存施設への追加投資として、過去最高となる約2500億円をかけ、東京ディズニーシー開業以来最大の面積を拡張。開業は2022年度中を目指すとしています。

 あわせて、ディズニー社とオリエンタルランドで締結しているライセンス契約について、最長2046年としているものを2076年まで延長されることとなったと発表しています。


ディズニー 開発予定地

ディズニー

ディズニー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう