ニュース
» 2018年06月15日 07時30分 公開

中年紳士(おじさま)に愛おしさを感じる枯れ専女子高生とおっさん高校生漫画

“枯れセンサー”発動!

[林美由紀,ねとらぼ]

 恋愛の趣味嗜好や恋愛対象のストライクゾーンについては、人それぞれ……ですが、40代以上の中年紳士(おじさま)に愛おしさを感じる女子高生の漫画が話題になっています。

 作者は『本屋の鬼いさん』が3巻まで発売中の漫画家ももたん(@mochalatyyyy)さん。

 舞台はとある高校。「男は40歳を過ぎてからが旬」という女子高生・日向さんの目線で描かれています。彼女は枯れ専女を自称しており、クラスメートの男子高校生には興味はない!! ハズなのですが、なぜか「枯れセンサー」に引っかかる男子がいるのだそうです。

 その男子は少し前まで野暮ったいだけの印象で、最近はむしろ少し垢抜けた感さえ漂っていました。それなのになぜセンサーが反応するのか……。そんな折、当の男子が「はい、日誌。ゴミ捨て俺やっとくよ」と話しかけてきました。


枯れ専女1 「おじさま」を愛する枯れ専女子高生の枯れセンサーに引っかかる同級生男子現る

 次の瞬間、制服のズボンと靴下の間に、ちょっとしたすき間を発見し、「中年紳士的絶対領域がほらぁ〜!!」と枯れセンサーが反応。クラスでカラオケに行った時も新曲のKiroroの新曲を「なつかし〜」と言ったり、その後、みんなでどこにご飯を食べに行こうかと話している時に、多くの人が「ファミレス」「マック」などと言う中、該当男子は「蕎麦屋」と言ったり、おしぼりで顔拭きもやってのけていました。これはもう枯れセンサーが反応しまくりです。


枯れ専女2 中年紳士的絶対領域!

 男子はゴミ箱を運ぶときにも「ギックリはもう二度とやりたくないぞ」と、ギックリ腰への心配を口にし、枯れセンサーが再び反応します。さらに「戸締りや後片付けなんかもやっておくから、早く帰りなよ。若い女の子が日が落ちてから帰るのは危ないよ」と同級生女子を「若い女の子」呼び。若いはずなのにそこはかとなくくたびれた感がある背中に、枯れセンサーもMAXに。


枯れ専女3 そこはことなく、くたびれた感がある背中を持つ男子高生

 枯れセンサーに反応しまくりな彼に「今後も要観察! 私の日々の萌えになれば尚よし!」という日向さん。一方、男子高生は「最近、日向さんからの視線が痛い…なんでだろ…」とゴミを片付けながら思います。そして、「まさかバレてる…? いやいやそれはないか。俺の中身が20年先の未来から来たおっさんの俺って バレるわけないよな」と。


枯れ専女4 中身は本物のおっさんだったのか!

 まさか男子高生(おっさん)のタイムリープものだったことにも驚きますが、日向さんの枯れセンサーの精度も高い! 日向さんはこれからも男子高生(おっさん)の観察を続けるようですが、いつかバレてしまう時が来るのでしょうか。それとも別の展開が!?

 漫画の投稿ツイートには「尊い」や「続きを読みたい」といったリプライがたくさん集まっています。枯れセンサー持ちの女子高生日向さんとおっさん高校生男子の今後が気になります!

画像提供:ももたん(@mochalatyyyy)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう