ニュース
» 2018年06月15日 19時30分 公開

怖そうなヤンキーのパンツに子どもがアイスを! ピンチと思いきや優しい世界が広がる漫画

これは良いヤンキー。

[林美由紀,ねとらぼ]

 よく「人は見た目で判断しちゃいけない」なんて言われたりしますが、実際には見た目で判断してしまうこともしばしば。……でも、やっぱり見た目じゃ判断しちゃいけないのかも、と思える漫画「通りがかりにワンポイントアドバイスしていくタイプのヤンキー」が話題になっています。

 作者はガンガンONLINEで『幻想グルメ』を連載中のおつじ(@otj024)さん。

 漫画は男の子とお母さんがスーパーから出てくる場面から始まります。お母さんは誰かと電話をしていて、ソフトクリームを持った男の子が一足先に走って出てきました。お母さんが「たっくん、走らないで」というや否や、たっくんは誰かにぶつかってしまい、手に持っていたソフトクリームがその人の服に! お母さんは「ヤダっすみません!」と謝るものの、同時に「やば…」と感じます。


ヤンキーとたっくん1 たっくんがソフトクリームを持ってぶつかってしまったのは…

 それもそのはず、そこに立っていたのは恐ろしい空気をまとったヤンキーだったのです。「よりにもよって、ヤンキーのパンツに」と焦るお母さん。たっくんは恐怖におびえながらも「ご…ごめんなさ…」と謝ると、ヤンキーの手がたっくんの頭に伸びます。思わず「たっくん…!」と声が漏れるお母さん。


ヤンキーとたっくん2 たっくんが「ごめんなさい」と謝るとヤンキーの手が!

 するとヤンキーは、たっくんの頭をなでながら「ちゃんと謝れるの偉いね。大丈夫。犬の柄が入ってかっこ良くなった。白の生地で寂しかったからちょうどいい」と服についたアイスクリームが犬の形をしていることを伝えながら、フォローをしてくれました。

 お母さんが「優しっ!」と思ったところに、ヤンキーは「それと、お母さん…」と話しかけてきます。「そうよね、クリーニング代を…」と思うお母さんに「肉揉みこむときに、この子の小指ほどのわさびを足してみたら、いいかもしれないっす」とひとこと。なんと手に持っていたビニール袋の中身を見て、唐揚げのアドバイスまでしてくれました!


ヤンキーとたっくん3 なんて、優しいの!

 夕食時に「今日の味付け、なんかさっぱりしててイケるね!」とお父さん。ヤンキーのワンポイントアドバイスのおかげで、夏の唐揚げさっぱり作戦は大成功。その頃、ヤンキーは「『ズボンがアイス食っちまった』の方が良かったかな…?」とたっくんへのフォローを反省していたのでした。


ヤンキーとたっくん4 家族も円満。ヤンキーはさらに優しさの高みを目指していく

 この漫画には「かわいい〜〜〜優しい世界〜〜〜」「世のヤンキーがみんなこうだったら…ああ!こうだったなら!!」という反応や、最後のセリフが漫画「ワンピース」のスモーカーさんをほうふつさせることから「ラストスモーカー大佐で草」「このヤンキー、ワンピース大好き説」といった反応も集まっています。

 アイスをつけてしまったことを謝れたたっくんも偉いし、小さい子にも分かりやすい言葉でフォローしてくれたヤンキーもすてき。ああ、優しい世界しかない。みんなこんな対応ができたら、真の平和な世界が誕生するに違いありません。ヤンキーはこのことを教訓にして、さらに優しさの高みを目指していきそうですね!

画像提供:おつじ(@otj024)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう