ニュース
» 2018年06月16日 10時00分 公開

レコードをめっちゃ速く回したらどんな音が鳴る?→答えは「パンッ」 一瞬で粉々になる動画が壮絶

高音で聞こえるとか、そういう話じゃなかった。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 音楽レコードを強力なモーターで回転させたらどうなるか? そんな実験動画が海外で好評です。針を当てて音を鳴らすわけでなく、ただ高速で回すだけ。いったい何がしたいんだ。


 結果はというと、遠心力などの影響で、レコードは「パンッ!」という破裂音とともに一瞬で粉々になりました。音が鳴ることは鳴ったな。


始動 レコードをモーターにしっかり固定して始動

粉々 わずか数秒でレコードが消滅。いったい何が

 序盤を見るだけでは速すぎて何が起きたのかよく分かりませんが、投稿主はハイスピードカメラ「Phantom v2640」によるスーパースロー映像も撮影しています。最高で毎秒約30万コマの動画を撮れるこのカメラを、毎秒1万2500コマに設定。そうして撮った結果、レコードに亀裂が入って飛び散る様子がよく分かる映像となりました。美しくもあり、おっかなくもあり。


スロー映像

スロー映像 亀裂が広がって瓦解

スロー映像 ああっ

スロー映像

スロー映像 安全用の壁に当たって、破片はさらに細かく

スロー映像 細かい破片は壁に貼り付き、1本の筋を描いている

 レコードを4色に塗り分けての実験シーンも。赤・青・黄・緑が回転によって混ざり、複雑な模様を描き出しますが、やはりものの数秒で弾け飛んでしまいます。スローで見ると、色とりどりの破片が散って花火のようです。


カラー版 今度はカラフルに塗ったレコードで実験

カラー版 回転速度を調整したことで、亀裂の入り方は先ほどよりもきれいに

カラー版 美しく散る

カラー版 そしてグシャッ

カラー版 破片が壁に残した模様も真っ赤に

 投稿元のYouTubeチャンネル「The Slow Mo Guys」は、文字通りスローモーション動画を多数公開中。2年前にも同様の実験をCDで行い、キラキラの破片が飛び散る様子を収めています。危険なのでよい子はマネしちゃダメだ。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう