ニュース
» 2018年06月17日 22時00分 公開

開発中止のホラーゲーム「Year Of The Ladybug」がアートブックとして復活 クラウドファンディングで人気を集める

この先の開発再開の期待も高まります……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 世界中から期待を集めるも開発中止となってしまったホラーゲーム「Year Of The Ladybug(以下、YOTL)」が、クラウドファンディングサイトindiegogoにてアートブックという形で登場し再び注目を集めています



 同作は2016年に公開されたコンセプトアートが「狂気に満ちている」とネット上で広く話題になり、その恐ろしくも美しい異質な世界観からゲーム化へ期待の声が上がっていました(関連記事)。主な舞台が近未来の病院であることや、三人称視点のサバイバルホラーといった方向性もすでに決まっていたようですが、その1年後の2017年1月に開発が中止になったことが公式Facebookで報告されました(関連記事)。


Year Of The Ladybug The Art Book アートブック クラウドファンディング ホラーゲーム 一度見たら忘れない「血溜りの上に浮かぶ上半身だけの女性」(indiegogo

Year Of The Ladybug The Art Book アートブック クラウドファンディング ホラーゲーム SAN値が下がりそうなものを見せつける変質者的な男性(indiegogo

 今回の企画は、同作の開発元Mint Mentis Studiosのアートディレクターで、Game Hiveのリードアーティスト・Dave Kang氏がプロジェクトオーナーとなり始動。クラウドファンディングのページでは日本語でも経緯などについて説明していて、「(前略)2017年の下旬に、私はついに区切りをつけ、このYOTLゲーム化のプロジェクトを終わらせ、アートブックを作ろうと決意しました」と、一旦ゲーム開発について意図的に中止にしたことが述べられています。

 またYOTLにおけるアートについては、同作のすべてではないものの、作り上げたホラー世界の構想の大きな部分だと説明。そして、作ったアートブックはデベロッパーに接触する際の公式の宣伝資料として使用するということが書かれています。さらにゲーム化について「また一歩近づけるように」とあるので、これをきっかけに開発再開へとつながるかもしれません。


Year Of The Ladybug The Art Book アートブック クラウドファンディング ホラーゲーム “彼女・彼ら”との戦いの様子をうかがえるコンセプトアートも(indiegogo

Year Of The Ladybug The Art Book アートブック クラウドファンディング ホラーゲーム 独特の世界観とイラストです(indiegogo

 Dave Kang氏のツイートによると、わずか3日で目標金額の3000ドルを突破したそうで、6月17日現在は1万4000ドル以上と、目標の5倍近い支援を集める人気となっています。




 アートブックは印刷された紙媒体の場合は68ドル(約7500円)、PDFなら18ドル(約1990円)の支援コースで手に入ります。他にも、自分の悪魔化した肖像画を描いてもらえる40ドル(約4400円)の支援コースも用意されています(いずれも配送料別)。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう