コラム
» 2018年06月19日 11時00分 公開

【マンガ】「イルカの頭には“メロン”が入っている」って知ってた?

しかも、プルプルですって!

[ねとらぼ]

 超音波を使って、周囲の状況を捉えるイルカ。その能力には、頭部に入っている「メロン」が関わっているといわれています。英語のつづりはあの甘いメロン(Melon)と一緒なのですが、一体、どんなものなのでしょうか。今回は、イルカの雑学をご紹介。

解説

 イルカはあごの上に出っ張ったおでこを持っていますが、この内側に入っているのは脳ではなくて、「メロン器官」という脂肪組織。これには音を一方向に向けて収束させ、前方に放射するレンズのような役割があるといわれています。

 このメロン器官から出てモノにぶつかり、跳ね返ってきた音波から周囲の状況を把握しているのですが、その精度は非常に高く、しばしば「イルカは音でモノを見ている」と評されます。北極海、オホーツク海などに生息する「シロイルカ」には特に発達したメロン器官があり、自分で動かすことが可能。それによって、超音波を放射する向きを変えることができるといいます。

 ちなみに、メロン器官があるおでこ部分はとても柔らかく、八景島シーパラダイス(神奈川県)は「ぷるぷるオデコ」と表現しています。なにそれ気持ちよさそう。

おまけマンガ



主要参考文献


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう