ニュース
» 2018年06月19日 12時55分 公開

Twitter風テキストエディター「文は書けぬが呟ける」登場 長文は苦手だけどツイートはバンバン書ける人に

Twitterと同様、140文字以内の短文を連続で書けます。各段落をコンパクトにまとめる訓練になるかも。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Twitterのインターフェースを模した、フリーのWindows用テキストエディター「文は書けぬが呟ける」が公開されました。作者のsep(Spare_Blade)さんによると、「長文は苦手だけどツイートならいくらでもできる人向け」だそうです。なるほど、これなら書きやすいかも。


文は書けぬが呟ける ウィンドウは全体的にTwitter風ですが、使うのはほぼ中央の列のみ。右のダウンロードボタンは、作者の別作品へのリンクとなっています

 ダウンロードした「fumitsubu.zip」を解凍し、「Fumitsubu.exe」から起動。インストール不要で使えます。中央の枠へ文を入力すると、下に文字量が表示されます。1段落書いたら「Twitte」ボタンで記録。Twitterと同様、140文字を超えると記録できません。


文は書けぬが呟ける TwitteボタンはF10キーでショートカット可能。段落を記録するたびに下へログが残り、左の「つぶやき」の数値が1増えます

文は書けぬが呟ける 140文字を超えた文を記録しようとすると、「お前はツイートをナメている」と怒られる

 連鎖ツイートのごとく、段落ごとに書いては記録をくり返し、できあがったら右下のボタンか「Ctrl+S」を入力。ダイアログが開き、これまで記録した文章全体を、任意のフォルダへテキストファイルとして保存できます。

 この記事の下書きに使ってみたところ、1段落140文字の制限が厳しく、特に欧文が交じると苦しくなりました。そこは本家同様に半角280文字制限だとありがたい。また、ツイートと同じく、一度記録した段落は再編集が利きません。文章の推敲は出力したテキストファイル上で行うことになります。

 それでも文字数制限がある分、自然と1段落をコンパクトにまとめられるメリットはあります。このソフトだけで長文を仕上げるのは難しいですが、文章のトレーニング環境としては有用かもしれません。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう