ニュース
» 2018年06月19日 15時10分 公開

W杯初戦目前、川淵元会長のツイートが炎上 ハリル時代に講演で「勝てる可能性ないので出場をラッキーと考えて楽しんで」

Twitterでは「ハリルホジッチ監督や選手に失礼では」と批判が集まっています。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 いよいよ21時に始まる2018年W杯の日本代表初戦。その半日前となる19日8時、日本サッカー協会(JFA)の名誉役員である川淵三郎氏(81歳)がTwitterで、代表監督をヴァヒド・ハリルホジッチ氏が務めていた頃に講演で「ほとんど勝てる可能性がないので出場できるだけラッキーと考えてW杯を楽しんでください」と話していたことを明かし、周囲から「ハリルホジッチ監督や代表選手に失礼ではないか」と批判の声が集まっています。

川淵三郎氏、Twitterより

 川淵氏のツイートは次のようなもの。

 「ハリルホジッチ監督の時、ほとんど勝てる可能性がないので、オランダ、イタリア、アメリカのサッカーファンのことを考えれば出場出来るだけラッキーと考えてW杯を楽しんでくださいと講演などで話していた。西野監督に変わった今は何か起きるかも知れないというドキドキ感が今朝になっ自分に出てきた」(全文ママ)

 ハリルホジッチ氏は2015年3月にサッカー日本代表の監督に就任。2年後に2018年W杯のアジア最終予選を1位で通過、代表を6大会連続のW杯出場に導きましたが、開催目前となる2018年4月7日にJFAの田嶋幸三会長から監督の契約解除を通達され、9日に解任が発表されました。後任として西野朗氏が監督に就任し、予選グループリーグの戦いに臨みます。

 川淵氏は日本のサッカー選手、日本代表監督、Jリーグ初代チェアマンを経て、2002年〜2008年にJFA会長を務めるなど、日本サッカーに大きく貢献した人物の一人です。現在はJFAの名誉役員(相談役)と同時に、日本の団体球技リーグによる組織・日本トップリーグ連携機構の会長に就任しています。

 Twitterでは川淵氏の投稿に非難の声が相次いでいます。現在もJFAに携わる人物が公の場で、W杯出場権獲得という結果を出した監督を侮辱していたことについて「出場権を獲得した監督に対してあまりにも失礼なんじゃないんでしょうか?」「講演で言うべき事では無いと思いますがね」と非難する意見。また「選手に対しても失礼です。機構のトップとしてあなたは相応しくありません」「オランダ、イタリア、アメリカ、日本の選手達への敬意を欠く発言」とハリルホジッチ氏以外にも無礼だとして、撤回や謝罪を求める声も少なくありません。発言は5000回以上リツイートされ、リプライが約900件、そのほとんどが川淵氏の批判という事態になっています。

 なお川淵氏は3月半ばにTwitterで、「監督の評価というのは簡単に言ってしまえば、それまでの試合結果はどうであつても、ワールドカップでいい成績を上げたかどうかだけで決まる。だからトルシエ、岡田監督は優秀な監督だったということになる」「そういう意味でハリルホジッチはいい監督だった!と言えるようになって欲しいけど〜〜」と、試合結果が全てとしながらもハリルホジッチ監督に対する不安をにじませていました。

川淵氏の日本代表・ハリルホジッチ氏に関するツイート

川淵三郎氏、Twitter

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう