ニュース
» 2018年06月20日 08時00分 公開

タニタ、気になる体臭をセルフチェックできる「においチェッカー」を発売 強さを11段階で見える化

気づかない自分のニオイをチェックする。

[宮原れい,ねとらぼ]

 タニタは、自身のにおいを手軽にセルフチェックできるコンパクトサイズのにおいチェッカー「ES-100」を7月1日に発売します。


におい チェッカー ケア ES-100 見える化 タニタ 気になる体臭を手軽にチェック

 加齢臭や強すぎる香水の香りなど、特に暑い時期になると気になる「においケア」ですが、自分自身ではそのにおいに気づきにくいというのも事実です。そこで「ES-100」では、“においの強さ”を0〜10までの11段階で見える化することで、客観的に自分のにおいを把握し、ケアにつなげることができます。

 ポケットサイズの大きさで、使うときはセンサー部分を開くと自動で電源がオンに。測定は気になる部位に約10秒間センサーを近づけるだけで完了し、レベル5を超えると「においケア」が必要なほどにおっていることがわかります。


におい チェッカー ケア ES-100 見える化 タニタ 大きさはセンサー収納時で幅が約94ミリ、高さ約52ミリ、奥行き約25ミリ

 同商品には、同社が1999年から発売し、250万台の販売実績がある「ブレスチェッカー」「アルコールチェッカー」で培ったノウハウを応用しているとのこと。本体の重さは約60グラムで、センサーは2000回(または1年間)の測定が可能。また別売りで交換用のセンサーカートリッジも発売されます。

 価格は、同社のオンラインショップで1万3824円(税込)。また特設サイトでは、においの原因から“におわない健康生活”のためのチェックポイントなど、気になるポイントについても解説されています。


におい チェッカー ケア ES-100 見える化 タニタ セルフチェックでスメルハラスメント対策

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう