ニュース
» 2018年06月20日 16時30分 公開

「コカ・コーラ クリアにアルコール検知器反応」との情報が拡散 メーカーになぜなのか聞いた

アルコール検知器の誤った使用方法が原因か……。

[Kikka,ねとらぼ]

 透明な炭酸飲料「コカ・コーラ クリア」を飲むと、アルコール検知器が反応するとの情報が拡散しています。なぜ清涼飲料水でアルコールが検知されるのか、日本コカ・コーラと、アルコール検知器を販売しているメーカーにお話を聞きました。


コカ・コーラ コカコーラ クリア アルコール コカ・コーラ クリア。公式サイトの成分情報にアルコールは含まれていないが……(コカ・コーラ公式サイトより)

 きっかけはあるTwitterユーザーが投稿した「コカ・コーラクリア普通に飲んでアルコール検知器吹くとなぜか0.06」という情報。某バス会社では大騒ぎになっているとして、「運転する人は飲むのを控えましょう」と拡散を呼び掛けています。

 またこの他にも数人が、「アルコール検知器が反応した」という趣旨のツイートを画像や動画付きで投稿しており、投稿を見た人から心配の声があがっています。


コカ・コーラ コカコーラ クリア アルコール Twitterにはアルコールが検知されたとの画像が多数出回っている(Twitter検索より)

 これについてねとらぼ編集部では日本コカ・コーラ広報部に取材を打診。「コカ・コーラ クリア」でアルコールが検知されてしまった原因を尋ねました。

日本コカ・コーラ「SNSを見たとの問い合わせが来ています」

――早速ですが、コカ・コーラ クリアにアルコール成分は含まれていますか。

広報担当者コカ・コーラ クリアは清涼飲料水で、アルコール飲料ではありません。よってアルコールは含まれません。

――なぜアルコール検知器が反応したのでしょうか。

広報担当者検知器のメーカーや測定している状況、対象者の体調などさまざまな要因で結果が変化することがあるので、一概に原因が特定できるわけではありませんが、弊社でもマニュアルに準じてアルコール測定器を使用してみたところ、アルコールは検知されませんでした。

――マニュアルに準じて、とはどういうことなんでしょうか。

広報担当者アルコール測定器の説明書には、「喫煙や飲食をしてから一定時間、時間を置いて測定してください」と書いてあるものがありますので、これを守るということです。

――SNSで今回の情報が拡散していることは把握していますか。

広報担当者はい。SNSを見て心配された方からのお問い合わせが数件と、「コカ・コーラ クリアを飲んで反応が出た」という方からの問い合わせが1件ありました。また過去にも別製品で同様のお問い合わせをいただいたことがあります。お口の中に何かが残っていると反応する場合もあるとのことなので、測定器の取扱説明書に沿って測定していただくように案内をしており、その後再指摘等はございません。


アルコール検知器を販売しているタニタにもお話を聞いてみた

 今回のツイートで使用された検知器とは別メーカーですが、アルコール検知器を販売するタニタにも一般的なアルコール検知器の使用方法について聞いてみました。


コカ・コーラ コカコーラ クリア アルコール タニタの「アルコールチェッカー EA-100 (ホワイト)」(タニタ提供

――アルコール検知器の正しい使用方法について教えてください。

広報担当者説明書には、食事、喫煙、オーラルケア用品を使用した直後には測定しないようにとの記載があります。

――今回のコカ・コーラ クリアもですが、アルコールを飲んでいない場合でも、検知器が反応してしまうことがあるのでしょうか。

広報担当者タニタのアルコール検知器でコカ・コーラ クリアが反応するかは検証できていませんが、お酒を飲んでいなくても、アルコール成分を含んだものや、強いにおいを含んだものを口にした後はセンサーが反応してしまうことがあります。

――食事をした後などにすぐに検知したい場合はどうすればよいのでしょうか。

広報担当者うがいをした後か、20分以上経過したあとに測定していただければと思います。


 運送業界など、アルコール検知器を日常的に使用する業種では大きな話題となった今回の情報。正しい検知方法でのアルコールチェックが必要です。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう