連載
» 2018年06月21日 18時00分 公開

サラリーマン、プリキュアを語る:「子どもを持つことだけが、女性の幸せではない」を描いていく「HUGっと!プリキュア」のすごさ (1/3)

キュアマシェリとキュアアムール……今年のプリキュアは何もかもが……すごい……尊い……。

[kasumi,ねとらぼ]

 2018年6月17日。プリキュアの歴史に新たな1ページが追加されました。

 「HUGっと!プリキュア」に新しいプリキュア「キュアマシェリ」と「キュアアムール」が登場しました。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり キュアマシェリ(愛崎えみる)声:田村奈央

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり キュアアムール(ルールー)声:田村ゆかり

 その初変身の際、キュアマシェリとなった「愛崎えみる」と、キュアアムールとなった「ルールー・アムール」、“愛”を名に持つ2人の少女は言いました。

 「あなたを愛し、わたしを愛する」。

 この言葉は「HUGっと!プリキュア」の製作者が子どもたちに伝えたいメッセージの1つなのではないのかと自分は思うのです。

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



「キュアマシェリ」と「キュアアムール」初登場

 プリキュアになりたいと願う少女「愛崎えみる」と心を持つに至ったアンドロイド「ルールー・アムール」。

 この2人が「同時にプリキュアとして覚醒」した第20話「キュアマシェリとキュアアムール!フレフレ!愛のプリキュア」。

 プリキュア15年の歴史の中でも、2人同時に新しいプリキュアが加入することは初めてのこと。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり キュアマシェリとキュアアムールの変身シーン。尊い

 初披露されたその2人の変身バンクが、それはもうすごいこと、すごいこと。

 画面中を動き回り、2人で手をつなぎ、心を通わせながら楽しそうに変身していく様は、プリキュア変身バンクの1つの到達点を見た気がします。

 ただ毎年「これを越える変身バンクはこの先出ないだろうな……」って思っているのに、翌年にはそれを越えるとんでもない変身バンクが作られているのが、プリキュアというアニメのすごさでもあります。

 変身バンクはコンテを佐藤順一監督が、原画はエンディングのスタッフロールなどからみると、板岡錦さんが担当されていると思われます。


(参考記事:「なんだあの動きは?」「板岡錦だ!」 プリキュアがカッコよく動く、アニメーター板岡錦の世界


 2人のプリキュアの初の戦闘シーンも圧巻でした。

 2人で歌いながら息を合わせシンクロして戦うのが「2人の関係性」を体現していてカッコよかったですし、戦闘の場にいない2人(さあや、ほまれ)のシーンを挟み、2人は別の場所で「夢の実現のために戦っている」描写を挟んだのも良かったですよね。

 この先、何十年とプリキュアファンの間で語られるであろう、歴史的な初登場シーンでした。

 まさに、えみるの言う、

「メロディは私の心、そこにルールーの心が重なれば」

「最強! 無敵!」

なのです!


「子どもを育てることだけが女性の幸せである」ことを刷り込みたくない

 さて、そんな「HUGっと!プリキュア」ですが、「2018年はプリキュア15周年」ということもあり、例年にも増して雑誌や新聞など、さまざまな媒体での露出に積極的であるように思われます。

 その中でも『月刊アニメージュ』2018年7月号(徳間書店)は、大々的な「HUGっと!プリキュア」特集号でした。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり 『アニメージュ』2018年7月号では16ページにも及ぶ大特集(Amazon.co.jpから)

 特集記事の中で「HUGっと!プリキュア」のシリーズ構成の坪田文さんが、興味深いことを言っています。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり シリーズ構成を手掛けた坪田文さん「『将来子どもを持つことが女性の幸せだ』という価値観を刷り込んでしまうことはやりたくない」(筆者所蔵の『アニメージュ』2018年7月号P29から)

 「子育てがテーマの作品ですが、観てくれる小さい女の子に『将来子どもを持つことが女性の幸せだ』という価値観を刷り込んでしまうことは、私は絶対やりたくないんです」。

 「HUGっと!プリキュア」は子育てを1つのテーマとして扱っています。

 その「HUGっと!プリキュア」で、子どもをもつこと「だけ」が女性の幸せではない、ということを描いていく、というシリーズ構成の坪田さん。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり 多様性を描いた「キラキラ☆プリキュアアラモード」

 坪田さんは、2017年の前作「キラキラ☆プリキュアアラモード」でも脚本家として参加され、琴爪ゆかりや剣城あきら、キラ星シエルなど多彩なキャラクターを通して「生き方の多様性」を描いてきましたが、今作ではシリーズ構成として、さらに踏み込んでいくようです。

 「HUGっと!プリキュア」でも「示唆する」レベルではなく、「直接的な言葉」でジェンダーや人生論に触れることも多く、そのお話の密度から、さまざまな事柄に対し、多くの反響、意見が出ています。

 そして個人的には今回の追加プリキュアである、「ルールーとえみる」のお話を語るのに家族というファクターは避けて通れないと思います。

 そこで今回は「HUGっと!プリキュア」の家族の描写を見ていきたいと思います。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.