ニュース
» 2018年06月21日 20時00分 公開

昔好きだった漫画が母の手がけた同人誌だった!? 漫画「母が昭和50年代に同人サークルしてた話」にほっこり

当時の同人サークル文化を伝える貴重な話でもある。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 小さいころ好きだった漫画が、実は母親が参加していたサークルの同人誌だった――驚きの逸話をつづる漫画「母が昭和50年代に同人サークルしてた話」が、Twitterで注目を集めています。やがて同人文化の話へ移り変わる展開も興味深い。


 作者のプル子(@puruko)さんは、ウサギのキャラクターが大好き。その源流は昔読んだファンシーな漫画「うさちゃん天使」にありました。そのことをお母さんに話すと、「それ、私の入ってたサークルの同人誌よ」と衝撃の事実が発覚。まさか娘の嗜好を形成した本に、母親が一枚かんでいたとは。


1P

 お母さんが同人活動をしていたのは昭和50年代(1975〜1984年)のことで、ある会員制サークルに参加していました。これは雑誌の募集などで参加した会員が、原稿と会費を持ち寄って同人誌を制作する集まり。出来上がった本は基本的に会員内で楽しんでいたようです。


2P

 お母さんの所属サークルに参加していた会員は主婦とOLが中心で、なかには男性会社員も。「うさちゃん天使」は主婦のかたが趣味で会誌に描いていたのだそうです。もちろんお母さんも自分の漫画を寄せていて、いつも脱稿が締め切りギリギリになり、プル子さんをベビーカーに乗せて会長の家へ入稿に行っていたのだとか。

 お母さんの話は、やがてサークルオフ会の思い出に。幼いプル子さんを連れて喫茶店に集まり、みんなで落書きをして楽しんでいたそうです。そのときプル子さんは絵のうまいお姉さんに囲まれてワクワク。「うさちゃん天使」の作者からスケッチをもらい、「いつか自分もお姉さんみたいにお絵かきできるようになりたい!」と心をときめかせていたのでした。


3P

 母親の同人活動がもたらした思いは、30年ほどたった今もしっかり生きている様子。本人が「思ってたのとなんか違う」と言うように、作風は「ファンシー」から離れてしまったかもしれませんが、プル子さんはTwitterやpixivで絵の活動を続けています。プル子さんのエッセイ漫画「アラサーひきこもり女が2.5次元追っかけで社会復帰した話」でも、興味深い話がめじろ押し。


画像提供:プル子(@puruko)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう