ニュース
» 2018年06月21日 11時20分 公開

やばい、カッコイイ!! 遊べるオフロード車「ジムニー」が帰ってくる そうさ、日本の軽は世界一ィィィ (1/2)

スズキが新型をチラ見せ。【写真21点】

[agar,ねとらぼ]

 うぉぉぉ、あの遊べる・楽しいクルマが帰ってくる! スズキがオフロードタイプの軽自動車「ジムニー」の新型を2018年7月に発売します。新型ジムニーの情報を先行公開する特設サイトをオープンしました。

photo 新型「ジムニー」(ジャングルグリーン)

 ジムニーは、軽自動車規格の小さくかわいい車体に、四輪駆動やラダーフレームなどの本格的なオフロード走行に適した構造を持つクロスカントリー車。1970年の登場から半世紀近くに渡り続いてきたシリーズで、1998年に登場した3代目のJB23型ジムニーが2018年3月まで生産されていました。この前モデルは横滑り防止装置(ESC)装着義務化などへの対応が難しく、3月に惜しまれながら生産を終えていたのです。しかしスズキはファンの期待を裏切らず既に新型の開発を進めていました。「手に届く価格の、遊べる・楽しいクルマ」としてファン待望の復活となります。

オフロード走行に適したラダーフレームを引き続き採用 オフロード走行に適したラダーフレームを引き続き採用
photo (参考)初代「ジムニー」(LJ10型)

 今回のモデルチェンジでは、660ccのエンジンを搭載する軽自動車規格の「ジムニー」と、少し余裕のある1.5リッターエンジンを搭載した「ジムニーシエラ」の2車種を刷新します。

 新型ジムニーはどのモデルも副変速機付きのパートタイム4WD(四輪駆動)仕様で、トランスミッションは5速MTと4速ATを用意します。歴代ジムニーと同様のラダーフレームを採用し、カタマリをスパンスパンと切り落としたように潔い箱形のデザインを採用します。上位グレードにはLEDヘッドランプやアルミホイールのほか、デュアルセンサーブレーキサポートなどの安全走行支援機能も装備します。

 1.5リッターの少し強力なエンジンを搭載するジムニーシエラも、デザイントーンやシャシー仕様は同じです。しかし、モリッと盛られたオーバーフェンダーが「またそれらしい」、いい雰囲気を出しています。

新型「ジムニー」(左)と「ジムニーシエラ」(右) 新型「ジムニー」(左)と「ジムニーシエラ」(右)

 ジムニーファンに向け、自慢のジムニー写真を投稿すると抽選でジムニーミニカーが当たる「マイジムニー写真投稿」企画も実施。第1回受付は2018年6月30日まで、以降毎月行うようです。

photo マイジムニー写真投稿」 新型ジムニー/初代ジムニーのミニカーが当たる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.