ニュース
» 2018年06月21日 21時00分 公開

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」、東京と大阪で開催 大型描き下ろし原画12枚などグレートな展示が続々

東京は国立新美術館にて8月24日から10月1日まで、大阪は大阪文化館・天保山にて11月25日から2019年1月14日まで。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の展覧会「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」が、東京と大阪で催されることになりました。東京会場は国立新美術館で8月24日〜10月1日、大阪会場は大阪文化館・天保山で、11月25日〜2019年1月14日に開催。2会場それぞれのキービジュアルも公開されました。


ロゴ

東京 東京会場キービジュアル (C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

大阪 大阪会場キービジュアル (C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

 展示の目玉は荒木飛呂彦さんが同展覧会のために描き下ろした、2メートル×1.2メートルの大型原画全12枚。展示コーナーはシリーズごとの主人公とライバルの因縁を表す「宿命の星 因縁の血」や、スタンドにフォーカスした「スタンド使いはひかれ合う」など、全部で8つ設けられており、さまざまな切り口でジョジョの世界を堪能できます。


宿命の星 「宿命の星 因縁の血」のイメージ。歴代のジョジョとライバルの名言がダイナミックに

 ショップでは、5部の主人公・ジョルノのブローチや、1〜8各部の主人公をかたどったフィギュア根付など、オリジナルグッズを多数販売。また、グッズ付き先行予約券には、専用ケース付きのステッカーが付属します。


グッズ 原作のビジュアルを用いたポスターなども多数

 館内では荒木さんや声優の恒松あゆみさんによる、有料(550円、所要時間約30分)の音声ガイドも利用可能。各展示コーナーの見どころを、作者本人による解説を交えながらナビゲートするとのことです。

 チケットは全て完全日時指定制・数量限定。販売の詳細は東京会場分のみ決定しており、前売り券は6月23日10時から8月23日23時59分まで、ローソンチケットで予約できます。なお、会期中の販売チケットは、ローソンチケットに加えて国立新美術館でも購入できます(※開館日のみ、販売数に余裕がある場合)。


大阪 荒木飛呂彦さん

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」開催概要

東京会場

・会期:2018年8月24日〜10月1日(毎週火曜休館)
・開催時間:10時〜18時(金・土は21時まで) ※最終入場は閉館30分前まで
・会場:国立新美術館 企画展示室2E(東京・六本木)
・先行販売チケット:一般1400円/大学生1000円/高校生600円
・先行販売チケット(グッズ付):一律6500円
・会期中販売チケット:一般1600円/大学生1200円/高校生600円

大阪会場

・会期:2018年11月25日〜2019年1月14日(会期中無休) ※11月23日・24日にプレビューデイ開催
・開催時間:10時〜20時(金・土は21時まで) ※最終入場は閉館30分前まで
・会場:大阪文化館・天保山(海遊館となり)
・チケット:詳細未定

※価格は全て税込
※キービジュアル以外の画像はプレスリリースから抜粋

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう