ニュース
» 2018年06月22日 08時00分 公開

レコードみたいなバウムクーヘン ARでくるくる回って音が鳴る

見て聞いて食べて。

[クラタマスミ,ねとらぼ]

高松市の洋菓子専門店ラ・ファミーユが、まるで本物のようなまっ黒なアナログレコード型のバウムクーヘン「バウムレコード」を発売しました。価格はセミオーダーで1枚1800円から(税別・送料別)。


バウムレコード 一見、アナログなレコード盤にみえます

 「バウムレコード」とはどんなものなのでしょう。まず、ジャケット(外箱)を開けると、まっ黒な1枚のレコード盤。実はダークチョコレートとブラックココアでできた濃厚なバウムクーヘンなんです。中央のレコードレーベル部分は、発酵バターをふんだんに使用したガレットブルトンヌという焼き菓子。つまり、まるごと食べられるレコードです。

 またAR(拡張現実)を利用すれば、食べる以外のお楽しみが待っています。バウムクーヘンに専用アプリを起動したスマホをかざすと、画面内で本物のレコード盤のようにバウムクーヘンが回り始め、音楽が流れます。音楽でメッセージを伝えられる新しいスイーツとのことです。

 購入は「バウムレコード」公式サイトから。注文の際は、8種類のジャケットから1枚を選び、音楽をJAZZ、Happy Birthday、バラードから選択します。音楽に合わせ、ARでノスタルジックなイメージを想起させるアニメーションを再生できます。


バウムレコード レコードジャケット各種


バウムレコード 無料アプリCOCOAR2を起動してバウムレコードに向けます

バウムレコード スマホの画面でレコードが回り、音楽が流れます

 注文時にはオリジナルメッセージカードも作成できます。フルオーダーの場合には、贈りたい写真とメッセージを歌詞カードのようにデザインできます。


バウムレコード メッセージカード各種

バウムレコード スイーツと音楽とメッセージを贈ります

 今後はユーザーからオーダーメイドARの注文を受け、オリジナルARやオリジナル音楽編曲というように、「より世界に一つ」ということを突き詰めていきたいと考えているとのこと。バウムクーヘンとアナログレコードの見た目の類似にとどまることなく、機能的にもぐっと両者を寄せているという、斬新なスイーツですね。


(クラタマスミ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう