ニュース
» 2018年06月22日 14時27分 公開

レゴランド東京、聴覚障害者のみの入館を「安全確保に不安」理由に断る 「ポリシーの認識に誤り」と謝罪

運営のマーリン・エンターテイメンツのポリシーは障害者のみの入館も受け入れるものでしたが、日本法人は「健常者の付き添いが必要」としていました(現在は修正済み)。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 レゴランド・ディスカバリー・センター東京およびマダム・タッソー東京で、聴覚障害者が入館を断られた件について、運営のマーリン・エンターテイメンツ・ジャパンが謝罪しました


公式サイト レゴランド東京の公式サイトでは、上部に謝罪文へのリンクが

 4月21日、同施設は聴覚に障害を持った4人の来場者に対し、付き添いの健常者がいなかったことと、そのために客の安全確保に不安があることを理由に、入場を断るという対応をとりました。これは障害者差別解消法に違反するうえ、「すべての方にエンターテイメントを提供する」同グループの企業理念にも反する、誤った対応だったと述べています。

 同社の本拠であるマーリン・エンターテイメンツが定める全世界共通のポリシーには、「あらゆる障がいをお持ちの方も施設内にご入場いただけます。障がいをお持ちの方のみのご入場も例外ではありません」と明記されているとのこと。日本法人のマーリン・エンターテイメンツ・ジャパンは認識の誤りからポリシーに反し、「全てのお客様の安全のために、障がい者手帳または療育手帳をご提示してご入場される方は、お付添いの方と一緒にご入場いただきますようお願いしております」と、公式サイトに記載していました(6月11日に削除・修正済み)。

 本件については、これまで全日本ろうあ連盟や経済産業省、港区から指摘と指導がなされてきました。これを受けて、同社は「グローバルポリシーの周知徹底」「障害を持つ来場者への対応について全従業員へ教育・研修」「施設を再点検のうえバリアフリー化を推進」といった改善策を実施。今回のような事態を二度と起こさず、全ての来場者が楽しめるサービスを提供できるよう取り組むとしています。


謝罪文 マーリン・エンターテイメンツ・ジャパンの謝罪文


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう