ニュース
» 2018年06月22日 16時30分 公開

ミクシィ「商標法違反の認識ない」 チケキャンめぐる社長らの書類送検にコメント

チケットキャンプの「ジャニーズ通信」をめぐり商標法違反の疑いでミクシィ社長などが書類送検されました。

[ねとらぼ]

 ミクシィは6月22日、同社代表取締役などが商標法違反の容疑で神戸地方検察庁に書類送検されたとの報道を受け、コメントを発表しました。

コメント

 報道によれば、チケット転売サービス「チケットキャンプ」においてジャニーズ事務所に無断で情報サイト「ジャニーズ通信」が運営されていたとして、警察は商標法違反の疑いでミクシィ代表取締役社長の森田仁基氏、チケットキャンプを運営する子会社フンザの元社長、法人としてのフンザを書類送検しました。

 ミクシィは「このような事態に至りましたことにつきましては、厳粛に受け止め、引き続き捜査に協力をして参ります」としつつも、商標法違反に対する認識はなく、この点については検察庁による判断を待ちたいと述べています。

 森田氏は2月に退任を発表しており、後任には木村弘毅氏が内定していました。しかし混乱を回避するために辞任するとの申し出があったため、新たな代表取締役として取締役執行役員の木村弘毅氏を選出したとしています。

 フンザは2017年に「ジャニーズ通信」などをめぐり、商標法違反および不正競争防止法違反の疑いで兵庫県警から強制捜査を受け、その数日後にミクシィはチケットキャンプ終了を発表しました。2018年1月にはフンザ元社長と転売業者が詐欺の容疑で書類送検されています(関連記事)。

現在のチケットキャンプには閉鎖の告知が掲載されている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう