ニュース
» 2018年06月24日 12時30分 公開

猫というよりUMA感……! Twitterで話題になった「二足歩行の猫」を粘土細工で完全再現した猛者現る

めっちゃ強そう。

[宮原れい,ねとらぼ]

 6月にTwitterを中心に大きく話題になった「二足歩行の猫」を粘土細工で再現した人が現れ人気を集めています。腕っぷしが強い猫なのは間違いない。



 恐ろしいほどのにらみ顔と、前傾姿勢になって肩を揺らしながら歩くような姿がかっこいい二足歩行の猫。アメコミの実写ヒーローと一緒に歩くようなコラ画像が作られるなど、勇ましい姿が人気を呼びましたが、粘土で作られたフィギュアでもその雰囲気が見事に再現されています。こんなに迫力のある二足歩行の猫がこれまでいただろうか……。


二足歩行 猫 粘土細工 再現 完全にフィギュアとして再現されてる……!(画像提供:@meetissaiさん)

 もともとの画像では、猫の後ろ足がたまたま両腕に見えるような角度からの撮影や加工によって“二足歩行”に見えていましたが、立体になった同フィギュア版では完全なる「二足歩行の猫」に。横の方から見た姿が、もはや猫を超えたUMA(未確認動物)感がすごいです。普通に言葉を喋りそう。


二足歩行 猫 粘土細工 再現 この二足歩行生物は一体猫なのかどうか……(画像提供:@meetissaiさん)

二足歩行 猫 粘土細工 再現 右が今回の元ネタの猫画像/左は例の「Google Street View Cat」(関連記事)(Twitter検索より)

 制作・投稿したのは、めーちっさい(@meetissai)さん。これまでにも表情豊かなびっくり顔の「ハム太郎」や、イラストレーターのからめる(@purinharumaki)さんなど、さまざまな種類のネタを立体化して話題に。これらの作品はモーメントでも公開されています。

 コメントでは「すごい再現力」「かわいい」と称賛の声が寄せられたほか、「欲しい」「ガチャガチャで出して欲しい」といった声もあがっています。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう