ニュース
» 2018年06月25日 14時10分 公開

1年7カ月かけて職人がレストア 世界で1台「ランボルギーニ イオタ(ミウラSVR)」完全復活

スーパーカー・オブ・スーパーカー。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 スーパーカー好きなら誰もが知っている希少なマシン「ランボルギーニ イオタ(ミウラSVR)」のレストアが完了したと発表されています。

ランボルギーニ イオタ ミウラ SVR レストア 19カ月もの入院生活を経て復活した「イオタ(ミウラSVR)」

 ランボルギーニがプロトタイプとして1台だけ生産した「イオタ」は1972年に一般のオーナーに売却された後、事故によって廃車になってしまいました。しかし「イオタが欲しい!」という強い声が寄せられたことから、ランボルギーニは数台だけレプリカを生産しました。

 それが現在イオタとして扱われている公式レプリカマシン「ミウラSVJ」シリーズです。

ランボルギーニ イオタ ミウラ SVR レストア SVRのオーナーは日本人。レストア完了披露も岡山県にある中山サーキットで行われた

ランボルギーニ イオタ ミウラ SVR レストアランボルギーニ イオタ ミウラ SVR レストア

 そんなミウラSVJのなかでも、今回レストアされたシャシーNo.3781を持つマシンは大きく張り出したリアフェンダーなど、オリジナルのイオタに最も近い見た目であることから、ファンの間では特別な1台として扱われており、この1台だけは「ミウラSVR」と呼ばれています。

 ミウラSVRのレストアはランボルギーニが設立したレストア専門チーム「ポロストリコ」の職人たちによって成し遂げられ、修復作業には19カ月もの期間を要したそうです。

 ポロストリコのパオロ・ガブリエルによると、オーナーの要望でロールバー、バケットシート、4点シートベルトを追加したそうで、それ以外はほぼオリジナルの状態に修復されているそうです。

春山優花里@haruYasy.

関連キーワード

ランボルギーニ | レプリカ | 自動車


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう