コラム
» 2018年06月26日 12時00分 公開

何か見覚えある! 水道の「蛇口」の「蛇」は、もともと“あの動物”だった

生き物の口から水が出るのは、デフォルト設定。

[ねとらぼ]

 現代日本の便利さを表現する言葉に「蛇口をひねれば、水が出る」というものがあります。よく考えてみると、確かにきれいな水が簡単に手に入るのは、当たり前のことではないかもしれません。

 ですが、もう1つ気になるのは「なぜ水道の口に『蛇』の字が入っているのか」ということ。今回は蛇口の由来をご紹介します。


どうして、これがヘビなんです?

水道に“蛇の口”がある理由

 日本で初めて近代的な水道がつくられたのは、明治20(1887)年。当初はイギリスから輸入した出水口が使われており、ライオンの口から水が出るようになっていることから、「獅子頭共用栓」と呼ばれていたそうです(路上に設置される“共用”の水道だった)。


神奈川県横浜市の獅子頭共用栓。たまに銭湯などで見掛ける湯口のように、ライオンの口から水がダバー(Wikimedia Commons/by Aimaimyi

 ヨーロッパでは「ライオン=水の守護神」とされていることから、そのような出水口が作られていたのだとか。しかし、日本では龍が水の守護神であることから、モチーフを入れ替え「龍口付き共用栓」が作られるように。一説には、「さらに龍がヘビと混同された結果、この『龍口』から『蛇口』という名前が生まれた」といわれています。ライオンから龍、ヘビと生き物の名前が変わっていったというわけです。

 ちなみに、蛇口は動物の名前が使われやすい場所らしく、蛇口を指す英語「cock」、ドイツ語「hahn」にはニワトリという意味が。また、日本では「カラン」という名称が使われることがありますが、これはオランダ語の「kraan(鶴)」に由来するといいます。

主要参考文献


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう