コラム
» 2018年06月26日 11時30分 公開

「ゲームにハマって、プレイ中以外でも画面が頭に浮かぶ現象」の名前、知ってる?

“あの名作”なら仕方がない。

[ねとらぼ]

 ゲームに熱中したことがあるなら、誰もが一度はしている「プレイしていないときも、ゲーム画面が頭に浮かんでしまう」という体験。

 実はこの現象には、中毒性の高い“あの名作”を使った名称が使われています。



「ゲームにハマって、プレイ中以外でも画面が頭に浮かんでくる現象」の名前

 何時間もゲームに熱中した後、目をつぶっていたらその画面が見えてきたり、夢に出てきたりする現象の名前は「Tetris effect(テトリス効果)」。「(テトリスをプレイするときのように)現実世界の建物を動かそうとしてしまう」という例も知られていますが、心当たりがある人も多いかもしれません。



 認知科学の領域では研究も行われており、例えば「脳の損傷により、過去にプレイした人が思い出せない人でも、テトリスの視覚的なイメージが浮かぶ」などの報告がなされています。

 また、「テトリスをプレイすることで、PTSDに伴うフラッシュバックが軽減される」という研究も。この理由については「イメージを構成するには脳を使う必要があるが、その能力は有限。テトリス効果とフラッシュバックで、イメージを作り出す脳のリソースが競合する」などと説明されています。


テトリス効果を扱った研究。被験者にテトリスをプレイしてもらって、睡眠開始時にその視覚的なイメージが浮かぶかどうかを調べたもの


テトリスを使って、フラッシュバックを抑える研究

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう