ニュース
» 2018年06月26日 20時00分 公開

チクリ魔に教室の花びん割ったの見られた! 不安なシチュエーションが不思議なオチを呼ぶ4コマ漫画

昔の漫画でよく見た、いたたまれない光景ですが……?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 教室の花びんを割ってしまったことを、チクリ魔の同級生に見られた――昔の漫画によくあるシチュエーションを描いた4コマ漫画のオチが不思議で、Twitterにさまざまな意見が寄せられています。


起

 主人公が割れた花びんの前で困っていると、チクリ魔の杉村が登場。「いーけないんだいけないんだ、せーんせいに言ってやろ〜」と、子どもにありがちな「曲を付けたあおり」ではやし立ててきます。先生に告げ口するのやめろって、ちょっと待てって!


承

 ところが、追いかけて職員室に着いたところ、そこには「教室の花びん、俺が割りました」と先生に謝る杉村の姿が。主人公は「なんでそうやってお前はすぐ……自分を犠牲にしてまで……俺のことをかばうんだよ」と涙ぐむのでした。


転結

 「杉村めちゃくちゃいいやつ……ほれました」「優しい世界」「チクリ魔ならぬ犠牲魔」など、リプライには杉村に熱い友情を感じたという声が多数。その一方で、「これが本当の友情と言えるのかは疑問」「悪いことはやった本人が認識するよう、素直に教師に言わないと」と、道徳的に考える人も見られます。

 作者のすがぬまたつや(@sugaaanuma)さんは、「普通にチクられるより嫌じゃね!?」という気持ちで描いたのだとか。それでも、意外とみんな「杉村がいいやつ」と解釈していて驚いたとコメントしています。


画像提供:すがぬまたつや(@sugaaanuma)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう