ニュース
» 2018年06月29日 09時00分 公開

プロ野球を好きな角度からライブ観戦 KDDIなどが実験に成功

次世代移動通信システム5Gを活用。

[クラタマスミ,ねとらぼ]

 プロ野球で好きな選手が打席に立ったら、正面からでも後ろ姿でも、好きな角度で自由自在に見られる――そんな映像技術の実験が行われました。


5G タブレットでアングルが選べるように

 実験を行ったのはKDDI、KDDI総合研究所、沖縄セルラー電話、国際電気通信基礎技術研究所、サムスン電子。次世代移動通信システム「5G」に対応したタブレット端末を活用し、スタジアムで自由視点映像のリアルタイム配信に世界で初めて成功しました。

 配信は2018年6月26日に沖縄県の沖縄セルラースタジアム那覇で開催された北海道日本ハムファイターズ対福岡ソフトバンクホークスで実施しました。観客席に5Gのエリアを設け、自由視点映像の撮影のためにバッターボックスに向けたカメラを16台設置。このカメラを利用して同じタイミングで多方向から撮影された打者の映像を加工し、複数の5Gタブレットにリアルタイム配信しました。


5G このシステムでリアルタイム配信

 観客はタブレットから好きな角度で観戦可能。ファイターズの近藤健介選手であれホークスの柳田悠岐選手であれ、まさに打席に立っているそのときに、タブレット画面を操作して、あらゆる角度から打席での姿を堪能できます。180度以上ぐるっと打者を回転させることもできます。


5G スポーツ観戦もライブも楽しみ方が変わります

 この技術は28GHz帯の実験システムを用いた5Gエリア内という条件のもとでしたが、将来的には、テレビ中継とは異なる臨場感を視聴者がどこにいても体感できる、そんな環境に進化していくかもしれません。


(クラタマスミ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう