ニュース
» 2018年06月30日 08時00分 公開

北海道産の大粒納豆を使った「納豆たい焼き」登場 ねばねばパワーで夏バテも吹っ飛びそう

納豆好きは池袋へGO。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 北海道産の大粒納豆をまるまる1パック分使った「納豆たい焼き」が、7月1日〜13日の期間限定で「セガのたい焼き(東京都豊島区池袋)」に登場します。

納豆たい焼き セガのたい焼き「大粒納豆」

 「セガのたい焼き・大粒納豆」は、サクふわの生地で納豆を包んだワンハンドスナック。使われているのは内藤食品工業(北海道室蘭市)の納豆「おらが街」です。

 内藤食品工業は「銀行に緊急融資断られた」というツイートが話題になった会社(関連記事)。厳選した北海道産大粒大豆を100%使用した「おらが街」は、全国納豆鑑評会で高い評価を得ています。

納豆たい焼き 北海道産大豆の納豆をたっぷり使ったたい焼きです
納豆たい焼き 内藤食品工業の納豆「おらが街」

 大豆本来の甘さとふっくらとした食感を楽しむために、あえて納豆に調味タレを使用していないとのこと。そのままかぶりついてもよし、別添えの“だししょうゆ”をかけても楽しめます。

 価格は1つ250円(税込)。平日は50食、土日は100食限定の販売です。

納豆たい焼き 糸を引いているのが分かります

 今回のコラボは、2017年の納豆の日(7月10日)のセガ公式アカウント(@SEGA_OFFICAL)と内藤食品工業公式アカウント(@naito_natto)のツイートのやりとりがきっかけとのこと。粘り強い交渉の末に実現したという「納豆たい焼き」。どんな味わいなのか気になります。

 なお、7月7日〜7月10日に「セガのたい焼き」を購入すると先着で「納豆たい焼きうちわ」がプレゼントされます(※数量限定、なくなり次第終了)。

納豆たい焼き 納豆たい焼きうちわ

(C)SEGA ENTERTAINMENT (C)2005-2018 naito-shokuhin.com / All rights reserved



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう