ニュース
» 2018年07月01日 11時43分 公開

「電車で景色を眺めながら忍者を並走させる想像をするか」が話題に ネット上でも意見真っ二つ

私はスマートフォンを購入してからしなくなりました。

[コンタケ,ねとらぼ]

 現在ネット上で、「電車や車から外の景色を眺めているときに忍者などを並走させる妄想をするか」が話題になっています。「あーやるやる!」と理解を示す人がいる一方で、「え、何それ……」と全く分からない人もいるもよう。あなたはどっち?


電車 景色 忍者 妄想 一見普通に外の景色を眺めているだけの人。しかし頭の中では忍者が……?

 この“並走させる妄想”は、以前から定期的にネットで上がる定番の話題でした。しかし今回、新聞のコラム記事で取り上げられたため、あらためて大きな注目を浴びているようです。

 分からない方のために簡単に説明すると、電車から窓の外を眺めていると見えるたくさんのビルや家の屋上の上を忍者がピョンピョンとダッシュジャンプして並走しているところを妄想する、というもの。建物がない田舎の場合は田んぼや畑の横の道をひたすらダッシュし、川はジャンプで飛び越えます。あくまでも暇つぶしで、電車から降りればそこで終わる……というのが主流だと思います。人によって忍者以外の場合もあり。


電車 景色 忍者 妄想 イメージ図

 この妄想、分かる派からは、「ターボババァや首なしライダーを走らせていた」「空中回転したりビルや電線を華麗に駆け抜けながら付いてきてくれる」「授業中とかも壁とか天井突き破って行き来してるようちの忍者」「電車通学だったからそりゃ忍者走らせてましたわ」「最近だと猫が加わった」といった声があがっていました。

 一方分からない派からは、「初めて聞いた」「いろいろ妄想するけどこれはさっぱりわからない」「ここまで『さっぱり分からん』ことが存在するものなのかと驚愕」「やってみたけど私の忍者はどうも建物にぶつかって玉砕してしまいついてこない」などの声が。かなり個人差があるようです。

 最近は景色よりもスマートフォンを見るようになって、忍者を走らせなくなった人も多いかもしれませんね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう