ニュース
» 2018年07月02日 18時34分 公開

「1人あたり100円から200円」は適切? 食べログのネット予約従量料金制に店舗側反発 カカクコムの見解は

ネット予約機能の提供が始まったのは2012年2月。2016年9月には、月額固定費とネット予約の従量料金制を組み合わせたプランを開始しています。

[イッコウ,ねとらぼ]

 食べログの会員から、ネット予約に関する従量料金制についての反発が広がっています。食べログのネット予約を利用すると、1人あたり100円から200円の料金がかかり、飲食店側負担となる仕組みです。詳細について食べログを運営するカカクコムに取材しました。

 Twitterでは、飲食店で撮影された「食べログの予約サイトで課金制度が始まった」「利益を圧迫するため、電話での予約をお願いします」などと書かれた張り紙の画像が広く拡散。また、はてな匿名ダイアリーでも「食べログのネット予約が腹立つ理由を、飲食店の中の人が述べるよ」と題したエントリーが投稿され800ブックマークを超えるなど、注目を集めました。

 はてな匿名ダイアリーの投稿では、「(客単価にもよるが)利用料金が高い」「以前はネット予約も無料だった」「ネット予約機能を外すと広告効果が落ちる」などが主な不満点として挙げられています。一方、食べログが飲食店の広告として非常に優秀であることや、結局利益につながっている面にも触れ、「飲食店広告としては非常に優秀でコスパが良い」「離れられない辞められない、嫌なことばかりするくせに良い仕事もするのよ」とも書かれており、不満を持ちながらも食べログを使わざるを得ないという実情もあるようです。



 食べログのネット予約の話題について、SNSでは「エグい商売だ」「一律200円ではなくパーセンテージで課金するべき」「今度から電話で予約する」などの意見も。しかし、「食べログ側のコストも無視できない」「嫌なら最初から食べログの会員にならなければ良い」といった意見も少なくありません。

 カカクコムに問い合わせたところ、ネット予約機能の提供が始まったのは2012年2月。2016年9月には、月額固定費とネット予約の従量料金制を組み合わせたプランを開始しています。このプランではサイト内での露出機会を増やすことができる(点数で決まる「ランキング」とは無関係)他、予約ユーザーへのポイント付与などにより、集客力を高められることを売りにしているそうです。


食べログ サービスプラン別料金表(食べログ店舗会員案内ページ

 1人あたりの従量料金は、ディナータイムの場合は200円、ランチタイムの場合は100円。この料金については「客単価は店・メニューなどによって異なるが、各店の客単価を客観的かつ正確に把握することは難しいため、この料金体系にしている」と説明しました。なお、有料サービスを利用していない店舗に費用がかかることは一切ないそうです。


食べログ インターネット予約機能の説明(食べログ店舗会員案内ページ

 また、「有料サービスを利用していないと、誤った店舗情報が記載されていてもなかなか修正されない」といった意見もありますが、カカクコムは「指摘があれば事実確認を行った上で修正している」と説明。また、飲食店側も「店舗準会員(無料)」に申し込むと、自分で店舗情報を編集できるようになるそうです。

 カカクコムは飲食店側からの反発が相次いでいることについて「個別の事例についてはコメントを差し控えさせていただきます」とした上で「従量料金を組み合わせた料金プランに対しては、現在2万5000店を超える飲食店の経営者様にご契約をいただき、日々の集客にご活用いただいております。また、ネット予約の導入により、集客の活性化だけでなく予約に関する業務オペレーションを効率化できた、というお声を飲食店様からいただくことも多くございます。今後もより多くの飲食店の皆様にネット予約をご活用いただけるよう、様々なご意見を参考にしながら、適切なサービス提供に努めていきたいと考えております」とコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう