ニュース
» 2018年07月03日 09時00分 公開

メルカリが5周年 「総取引件数2.8億回」「最高額商品は315万円のダイヤ」など歴史を数字で振り返る

一番「いいね」を集めたのは、子どもが出品した「ドングリ」。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 フリマアプリ「メルカリ」が2018年7月2日で5周年を迎え、記念企画として5年間の歴史を振り返る「数字で見るメルカリ」を公開しました。「累計ダウンロード数1億以上」「総取引件数2.8億回」など、さまざまなデータを示しています。


グラフ 2014年末から右肩上がりに成長

データ 累計の取引件数を平均化すると、1時間あたり6400回に

 個別の商品における「1番」は、「メルギネス」として大きく掲載。例えば「1番最初に売れたモノ」は、約2万円の「ドット柄のカットソー」。今でこそ1日平均の流通総額が10億円を超えるメルカリも、サービス初日に売れたのはこれを含む16品だけだったのだそうです。


メルギネス

1番最初に売れたモノ サービス初日に初めて売れたカットソー

 「1番高く売れたモノ」は、315万円のダイヤモンド。メルカリでは300円から999万9999円までの値付けが可能で、エルメスのバッグやメルセデス・ベンツなど、高額商品の取り扱いも案外あるとのことです。


ダイヤ 315万円のダイヤ

 「1番“いいね”されたモノ」は、「仮面ライダーカードを買うために」の名目で出品されたドングリ。5歳の男の子が「仮面ライダーのカードを買いたいから」と公園で集め、母親に頼んで300円で売ったものです。ほっこりしたストーリーがSNSなどで拡散されて1542件の「いいね」を集め、最終的には子ども好きのユーザーに購入されました。


どんぐり 「いいね」1542件は、キャンペーン施策などを除いて1位

やり取り 出品者と購入希望者の、当時のやり取りを再現した画像。売れそうだと知って子どもが興奮する様子がほほえましい

 「1番フォロワー数が多いお客さま」は、脱サラで農業を始めた宮原龍磨さんの「ミヤハラ農園」。ライブコマース機能「メルカリチャンネル」を利用して、農協で取り扱いのない野菜や認知度の低い農作物をアピールし、現在は約6000人のフォロワーを集めています。


ミヤハラ農園 ミヤハラ農園。発芽にんにく「スプラウトにんにく鉄子」を栽培し、農産物の委託販売も請け負っている

 取引されているブランドのランキングも公開されています。「最も買われたブランド」も「最も売られているブランド」も、上位は上から順にユニクロ・ナイキ・アディダス・シャネル・ラルフローレンと同一。6位以降になると、「買われた」ではアップルやミキハウス、「売られている」ではヴィトンやコーチがランクインしており、需要と供給に若干の差が見える、興味深い結果になりました。


ランキング

 この結果から、同社は「メルカリではガジェットや子ども用品が売りやすく、海外ブランド品に関しては掘り出し物が探せるかもしれない」と考察しています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう