ニュース
» 2018年07月03日 18時56分 公開

幼児を助けた“パリのスパイダーマン”が消防隊に入隊 名実ともにヒーローとなる

本当にパリのヒーローになってしまった。

[関口雄太,ねとらぼ]

 高さ5階のバルコニーに宙づりとなった幼児を救出して「パリのスパイダーマン」と呼ばれたマモウドウ・ガッサマさんが、消防隊員としての仕事を開始したことが6月29日(現地時間)のパリ消防隊のツイートで判明。移民として暮らしていた青年が、本物のパリのヒーローとなりました。


幼児を助けた スパイダーマンがパリ消防隊員に仲間入り(最後列右から5番目)(画像はTwitterより)

 2018年5月にガッサマさんがバルコニーにスイスイとよじ登り幼児を救済する動画がSNSに投稿され、またたく間に世界中へ広がりました。その勇敢な姿からスパイダーマンと呼ばれ、パリ市長から賞賛され、大統領官邸でマクロン大統領と面会を果たすまでに。アフリカのマリ共和国からの移民であった彼ですが、定住するための市民権付与やパリ消防隊へ入隊が提案されていました。そしてついにパリの消防隊への参加が発表されたのです。



 パリ消防隊のTwitter投稿を受けて「おめでとう!」という賞賛や「あなたが数週間前に移民だったと信じられない。今あなたは夢の仕事をしています」といった励ましの反応が寄せられています。海外メディアの報道によると、救出当時の彼の生活はホステルの1室をルームシェアして暮らしつつ、生活するためのお金を建設現場で稼ぐというもの。勇敢な行動が人生の思わぬ転機となり得ることを、ガッサマさんは世界中に教えてくれたのでした。


幼児を助けた パリ消防隊では人員を募集している(画像はパリ消防隊公式サイトより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう