ニュース
» 2018年07月04日 17時46分 公開

「スラム街の暮らしを肌で感じたい!」学生企画に批判 → クラウドファンディング中止に 支援者には全額返金へ

「スラム街の子供は自己満足のためのツールではありません」「勝手に行け」など非難の声が集まっていました。

[ねとらぼ]

 クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で実施されていた「スラム街の暮らしを肌で感じたい!」という企画に、「甘ったれたプロジェクト」「勝手に行け」など非難の声が集まっています。プロジェクトページは既に削除されていますが(7月4日14時30分時点)、CAMPFIREに確認したところ、「登録者様より弊社に『プロジェクトの取りやめ希望』のご連絡をいただいたため、弊社は規約にのっとりプロジェクトを中止いたしました」とのことでした。


スラム街の暮らしを肌で感じたい スラム街の暮らしを肌で感じたい!(プロジェクトページより/現在は削除済)

 企画を立ち上げたのは、近畿大学建築学部の学生3人。夏休みにフィリピン(マニラ)のスラム街へ行き、その現状を伝えたい、スラム街の子どもたちに夢を与えたい、といった思いからプロジェクトを企画したといいます。目標金額は25万円で、内訳は旅費が21万円、雑費が4万円。目標達成の成否に関わらず、集めた金額がそのままファンディングされるAll-In方式を採っていました。


スラム街の暮らしを肌で感じたい 支援は3000円からで、限定Facebookグループへの招待や、写真集、ポストカード配布などが予定されていました(プロジェクトページより/現在は削除済)

 しかし、プロジェクトが徐々に話題になるにつれて、「スラム街を舐めすぎ」「どうせ面接のネタづくりでしょ」など批判的な声が続々と寄せられるように。特に「スラム街の子供は呑気で恵まれた彼らの自己満足のためのツールではありません」「アジア、貧困、映像、他人の善意…ことごとく舐めている」など、動機や見通しの甘さについて指摘する声が多く、炎上状態となっていました。

 中止前の時点で集まっていた支援金は約16万円。CAMPFIREによれば、支援者には既に「プロジェクト中止のご連絡」と「返金のご案内」をメッセージで送付しており、今後はCAMPFIREから支援者に返金する形となるそうです。


スラム街の暮らしを肌で感じたい なぜスラム街へ行こうと思ったのかの説明(プロジェクトページより/現在は削除済)

※編集部側で一部画像を加工しています




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう