ニュース
» 2018年07月04日 18時50分 公開

「半分、青い。」、ヒロインの漫画デビュー作『一瞬に咲け』が花ゆめに掲載!

原案は北川悦吏子さん。

[のとほのか,ねとらぼ]

 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で女優の永野芽郁さん演じる主人公の楡野鈴愛が劇中で描いた漫画『一瞬に咲け』が、7月20日発売の少女漫画雑誌『花とゆめ』16号(白泉社)に掲載されます。

花とゆめ 一瞬に咲け 半分、青い。 楡野鈴愛 北川悦吏子原案、なかはら・ももた作画「一瞬に咲け」カット


 『一瞬に咲け』は、鈴愛が少女漫画誌『ガーベラ』のガーベラ大賞新人賞を受賞し、漫画家としてデビューを果たした作品。原案は、ドラマの脚本を手掛ける北川悦吏子さんで、陸上男子と写真部女子の恋物語が描かれます。作画はなかはら・ももたさん。

 4日に放送された「半分、青い。」第81回では、自分の限界を悟った鈴愛が漫画家引退を決意。師匠で人気漫画家の秋風羽織(豊川悦司さん)が思いを告げるシーンでは、多くの視聴者の涙を誘い、話題を集めていました。

花とゆめ 一瞬に咲け 半分、青い。 楡野鈴愛 広がる秋川ロス(画像は「半分、青い。」公式Instagramから)



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう