ニュース
» 2018年07月05日 10時00分 公開

9×6の54文字の超短編小説「54字の物語」の投稿がTwitterで盛り上がる どれもすごい!

54文字で話を作るの、すごく難しそう。

[ねとらぼ]

 9×6の54文字で超短編小説を書く「54字の物語」がTwitterで盛り上がっています。54文字で話を作るのはかなり難しそうですが、ハッシュタグ「#54字の物語」で秀逸な作品が多数投稿されています。すごい!

 「54字の物語」の流行は、2月に刊行された書籍『意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語』(PHP研究所)が発端。同書は、Twitterで「あたりまえポエム」などのブームを巻き起こした(関連記事)企画作家、氏くん(@ujiqn)さんが、9マス×6行の原稿用紙につづって投稿した「インスタ小説」を書籍化したもの。「先日研究室に送ってくれた大きなエビ、おいしかったよ。話は変わるが、例の新種生命体のサンプルはいつ届くのかね?」「『ただいま』と言えば『お帰りなさい』と返ってくる新生活が始まった。家賃も安いし、こんな一人暮らしも悪くない。」など短いながらもパンチのある作品が収録されています。

氏くんさんの作品

 その刊行記念にPHP研究所が「54字の文学賞」を開催して作品を募集し、6月末にその受賞作が発表されました。それを受けてTwitterでは「54字の物語」が再燃しています。作品は「54字の物語ジェネレーター」で作成可能。白いボックスに文章を入力すると原稿用紙にその内容が反映されます。完成した作品は画像として保存し、Twitterなどに投稿できます。

『意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語』

 ブーム再燃を受けて、氏くんさんは第2回「#54字の文学賞」を開催中。告知ツイートにハッシュタグ付きでリプライすると応募できます。

氏くんさんの作品。最初は「ん?」と思うけど、タイトルは「盗まれた皿」……なるほど

画像提供:氏くんさん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう