ニュース
» 2018年07月06日 18時00分 公開

何種類制覇してた? ローソン×GODIVAコラボを振り返る

ローソンとゴディバ ジャパンの社長も“誕生秘話”を語りました。

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 2017年6月にスタートしたローソンとGODIVAのコラボスイーツを、目にしたことがある方は多いのではないでしょうか。コンビニスイーツの中では比較的高価格帯にもかかわらず、シリーズ累計で1300万食を売り上げている大ヒット商品です。

みなさんは何種類食べてますか?

 7月5〜7日に新作「エトワールドゥショコラ」が発売されるコラボシリーズ。これまでには11種類が発売されています。みなさんは何種類“制覇”しているでしょうか?

「ショコラロールケーキ」395円 2017年6月6日発売

「ショコラロールケーキ」

 カカオの香り高いチョコレートクリームと、ガナッシュにサクサクしたクレープ生地を閉じ込め、しっとりとしたチョコレートのスポンジケーキで包んだロールケーキ。

「ショコラプリン」320円 2017年7月4日発売

「ショコラプリン」

 カカオの香り高いチョコレートで作り上げたチョコプリン。

「ガトーショコラ」320円 2017年9月5日発売

「ガトーショコラ」

 ふんわりしたチョコレートスポンジケーキと、くちどけ濃厚なチョコレートムースを重ねた二層仕立てのガトーショコラ。

「ショコラタルト」350円 2017年9月5日発売

「ショコラタルト」

 サクサクしたオレンジ香るココア生地と、くちどけ濃厚なチョコレートガナッシュの組み合わせが楽しいチョコレートタルト。

「キャラメルショコラロールケーキ」395円 2017年10月31日発売

「キャラメルショコラロールケーキ」

 しっとりしたチョコレートのスポンジケーキで、キャラメルヘーゼルナッツプラリネのショコラクリームとキャラメルガナッシュを包み込んだロールケーキ。

「ショコラクッキーサンド」400円 2017年11月28日発売

「ショコラクッキーサンド」

 シロップ漬けのオレンジピールを加えたガナッシュをチョコレートクッキーでサンド。天面はダークチョコレートでコーティング。

「濃厚ショコラケーキ」400円 2017年11月28日発売

「濃厚ショコラケーキ」

 甘酸っぱいラズベリーピューレを加えたガナッシュを、ビターな味わいのショコラ生地で包みスチームで焼き上げたしっとり濃厚なショコラケーキ。

「ショコラマカロン」350円 2018年4月17日発売

「ショコラマカロン」

 刻んだオレンジを練りこんだチョコレートガナッシュをマカロン生地で挟み、上面をチョコレートでコーティング。

「ショコラパフェ」450円 2018年4月17日発売

「ショコラパフェ」

 軽やかな口当たりのチョコレートクリームやサクサク食感のジャンドゥーヤチョコレートなどを重ね、チョコレートのさまざまな味わいを堪能できるパフェ。

「ショコラロールケーキ」450円 2018年6月5日発売

「ショコラロールケーキ」

 チョコレートクリームとサクサクしたクレープ生地を、しっとりしたチョコレートのスポンジケーキで包み、チョコレートクリームでデコレーションしたロールケーキ。1周年を記念した商品。

「生ショコラ大福」260円 2018年6月5日発売

「生ショコラ大福」

 チョコレートと厳選した生クリームを練りこんだ生チョコレートをダークチョコレートクリームの中に閉じ込め、柔らかいチョコレートを練りこんだ餅で包んだシリーズ初の“和スイーツ”。

 5個以上ならなかなかのコンビニスイーツファン。8個以上なら相当なシリーズファン。全種制覇なら……もはや“マスター”といっても過言ではないでしょう!

コラボはいかにして生まれたのか?

 ヒットコラボは、いかにして生まれたのか? 誕生秘話をローソンとGODIVAの両社社長が、6月29日の会見で語りました。

 他社としっかり手を組んだ商品開発は、GODIVAのグローバルでも初の試みだったといいます。ゴディバ ジャパンのジェローム・シュシャン社長は、コラボが実現した理由を、ローソンの「Uchi Cafe」シリーズとGODIVAが共通するキーワードを持っていたからだと話します。

 「当初GODIVAが日本にやってきたとき、ビジネスのメインはバレンタインで、『女性から男性へプレゼントする』というものがほとんどでした。徐々にマーケットが変わってきて、女性同士、先生、友人へ――と、いろいろなバレンタインに変わってきました。ヨーロッパや米国のチョコレート消費量が1人当たり6〜8キロなのに対して、日本は2.2キロほどとまだ伸びると考えています。最近増えている『自分で楽しむ』(ご褒美消費)がチョコの消費量を増やす理由になるのではないでしょうか。GODIVAとローソンのUchi Cafeは『自分で楽しむ』というキーワードが共通していました」(シュシャン社長)

 そうして生まれたコラボ企画第1弾は「ショコラロールケーキ」。Uchi Cafeで大ヒットとなっていた「プレミアムロールケーキ」が、GODIVAと組むとこのようなスイーツになる――というメッセージを込めて開発した商品といいます。ローソンの竹増貞信社長は、当時の開発の苦労を振り返ります。

 「GODIVAさんの品質へのこだわりは、『これ以上無理じゃないか』と思うほどで、開発部が出した商品が全然合格しなかったんです。でも、GODIVAさんが求める基準に一生懸命ついていったことが、結果的にお客さまの期待に応え、高評価につながったと思います」(竹増社長)

 「プレミアムロールケーキ」のおよそ2倍という価格はローソン社内ではさまざまな議論を呼んだといいますが、GODIVAの「値段よりも商品の価値が優先。これで行きましょう」にローソンも納得したのだとか。反響は大きく、またたく間に目標としていた20万個を達成。各所で売り切れが続出しました。

 「コラボの効果は思った以上にありました。『高いクオリティーとプレミアムさ』と、『時間や場所などの手に入れやすさ』が両立するのは今までなかったのかもしれません。ソーシャルメディアでもファンがいるのを感じますし、ビジネスモデルとしても思った以上に反応がありました」(シュシャン社長)

 ちなみに豆知識。ローソンの広報担当者によると、最もローソン×GODIVAのコラボスイーツが売れたのは群馬県のエリアだったといいます(コラボ商品9品までの売り上げを集計)。GODIVAの店舗が少ない地域でも、気軽にGODIVAのスイーツを手に入れることができるのが、コラボの“強み”かもしれませんね。

7月5〜7日に期間限定発売の「七夕スイーツ」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう