ニュース
» 2018年07月06日 08時30分 公開

半透明液晶搭載のメモパッド「ブギーボード」新モデル キングジムから発売

「ブギーボード」シリーズ最大の画面サイズで登場。

[クラタマスミ,ねとらぼ]

 キングジムから8月3日、「Boogie Board(ブギーボード)」シリーズの新作「BB-11」が発売されます。シリーズ初の半透明液晶画面を採用し、価格は9200円(税別)。


Boogie Board 「BB-11」半透明がクールです

 ブキーボードはアメリカのKent Displaysが開発する電子メモパッドシリーズ。付属のスタイラスや爪などで、液晶画面に直接書き込みができ、紙に文字を書くような滑らかな書き心地が特長。最新モデルは液晶部分が279×216ミリとシリーズ最大になっています。画面は半透明タイプのため、付属のテンプレートシートを下に敷いてガイドとして使用可能。テンプレートシートは2種類(無地・罫線、ドット・方眼)で、広々とした画面上でまるでノートにメモを取るように使用できます。


Boogie Board まっすぐの線や綺麗な文字が引きやすい

 メモリがないので書いた文字の画面を保存することはできませんが、逆にいえば、データが残ってしまう心配がないため、個人情報を取り扱う職種などでの使用には好都合かもしれません。

 バッテリーはコイン型リチウム電池1個で、約5万回の書き換えが可能。薄さは5ミリ(突起部を除く)で重さわずか273グラムの本体は、携帯の負担もなく、すぐに取り出せて、何度でも書き直せるホワイトボードとして重宝するのではないでしょうか。


(クラタマスミ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう