ニュース
» 2018年07月06日 07時00分 公開

居酒屋チェーン初の試み 「串カツ田中」禁煙化1カ月でどんな変化があったのか

客数・家族連れは増えたものの新たな課題も。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 居酒屋チェーンの串カツ田中は、店内の禁煙実施後1カ月の売上や客層の変化、客から寄せられた声などをまとめて発表しました

串カツ田中禁煙化 串カツ田中

 串カツ田中は6月1日からほぼ全店舗で全席禁煙化、もしくは一部フロア分煙化を実施しています(関連記事)。

 今回は全席禁煙を実施している直営86店舗の6月1日〜6月30日のデータを集計し、前年同期と比べています。

 売上の変化は下記の通り。

  • 客数:増(102.2%)
  • 客単価:減(95.0%)
  • 売上高:減(97.1%)

 客層には次のような変化がありました。

  • 増加:家族(+6%)、20代までの一般男女グループ(+1%)、女性・カップル(+1%)
  • 減少:会社員・男性グループ(△6%)、30代以上の一般男女グループ(△1%)
串カツ田中禁煙化 店舗イメージ

 客単価減少の要因としては、子どもを含む未成年の客が増加したことと、串カツやドリンクが割引になるキャンペーンを実施したことを挙げています。

 新たな課題として、店頭や路上喫煙、ポイ捨ての増加をあげており、清掃の強化などの対策を検討しているそうです。

 客からの声では「禁煙になってうれしい」「安心して子どもを連れてこられる」といったプラスの意見の他、「禁煙になって残念」「ゆっくりできない」などのマイナスの意見も寄せられています。

串カツ田中禁煙化 客からの声はさまざま

 今回の調査では従業員へのアンケート結果もまとめられているのですが、「禁煙だからこそ来る客がいる」「働く上でも快適になった」という声の他、「灰皿の片付けがなくなったので、ウェイティングの客を早く通すことができる」という現場ならではのエピソードがあげられています。

 中には来店してから禁煙になったことを知り、利用をやめる客もいるそうで、同店も「まだ禁煙化に対する認知度は低い」としています。

串カツ田中禁煙化 現場ならでは声もありました

 同店は客数に関して「禁煙で一時的に減少する可能性はあるが、理解が浸透すると長期的には増加する」と想定していたとのこと。

 実際の動きを見ると、雨などの悪天候やサッカーワールドカップ開催の影響はあったものの、割引キャンペーンの実施やメディアへの露出で客数が増加しており、短期的ながら良い結果が出せたと考えているそうです。

 串カツ田中の「禁煙」は10年、20年後を見据えた取り組み。今後の動きにも注目していきたいです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう