ニュース
» 2018年07月06日 15時56分 公開

自販機にお金を入れると日替わり弁当がオフィスに届く サントリー、ぐるなびと共同で法人向け宅配サービス開始

電話注文よりお手軽。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 サントリーがぐるなびと共同で、法人向けのデリバリーサービス「宅弁」を立ち上げました。なんと自動販売機でお昼のお弁当が注文できます。


イメージ

専用自販機 弁当の注文用ボタンが付いた専用自販機。お昼ご飯も飲み物も1台でそろう

 飲み物と並んで「宅弁」ボタンが付いた同サービス仕様の自販機を、サントリーが契約企業のオフィスに設置。利用者は朝8時から10時の間に、飲み物と同じように購入することで、12時に弁当を届けてもらえます。弁当を作るのは、ぐるなびがコーディネートした職場近隣のレストラン。メニューは1日1品の日替わり形式で、提供元の店も月曜から金曜まで毎日切り替わります。味もガラッと変わりそう。


システム 朝買うと昼届く。電話注文よりずっとお手軽

 注文時に釣り銭口から排出される専用コインを、飲み物を買うときに10円として使えるサービスも。宅弁は東京都の中央区・港区・千代田区・品川区で、7月から開始しているとのことです。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう