ニュース
» 2018年07月07日 18時00分 公開

「先生、本当にこれを正解に?」 小1の算数のテスト、回答者の柔軟な発想と先生の採点にほっこり

これはいい先生。

[Kikka,ねとらぼ]

 Twitterに投稿された小学一年生の“さんすうのテスト”の答案に「頭のいい子」「いい先生」と称賛が相次いでいます。「先生、本当にこれを正解にしてくださっていいんですか…柔軟すぎませんか……?」と言わしめた名答案とは。

 Twitterで話題になる答案といえば、「なぜこれが正解にならないのか、柔軟さが足りないのでは?」と疑問視されるものが多い中、高川朋子(@darkmatter_tomo)さんが投稿したのは、次男のテストで出題された足し算の問題。

 湖にいる4羽の鳥の元に1羽の鳥がやってくる絵が描かれた「ふえると なんわですか」という問題は、4+「 」= 「 」の空白に数字を入れることで回答が完成するというタイプです。答えは、4+「 1 」= 「 5 」なのですが、次男くんは問題に添えられていたイラストに鳥を1羽描き足して4+「 2 」= 「 6 」と回答。“ふえると”ってそういうこと……!?


算数 さんすう ふえると なんわですか

 次は金魚が金魚鉢から水槽に移される問題。1匹と2匹を合わせるので、回答は1+「 2 」=「 3 」となるはずです。ところが次男くんは再び水槽のイラストに魚を1匹描いて1+「 3 」=「 4 」と回答したのでした。


算数 さんすう あわせて なんびきですか

 恐らく「ふえると なんわですか」という問題から、1羽(1匹)を自分で描き足したとみられる次男くんですが、なんと先生はこの回答を正解と判断。最終的に次男くんは100点をもらったのでした! すごい!


算数 さんすう 100点ゲット〜!!!

 これには母である高川さんも「『先生、本当にこれを正解にしてくださっていいんですか…柔軟すぎませんか…?』と申し訳なく思いました」とビックリ。またリプ欄でも「多分先生も “ふふっ”ってなりながら採点してる」「多分頭のいい子で、元々の問題は当たり前過ぎでつまらな過ぎなので、自分でひねりを入れたのだと思う」などの意見が集まった他、次男君の絵がうまいという声もたくさん集まりました。

 次男くんには子どもならではの柔らかい発想と絵心を持ち続けて欲しいですね……!

画像提供:高川朋子(@darkmatter_tomo)さん

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう